カタクリの小径

画像

昭和の昔、「ひまわりの小径」という歌がありました。
シングルレコード(もはや文化遺産?)を買ったことがあります^^。
歌っていたのはチェリッシュ、活躍し始めた時は松崎好孝
松井悦子男女デュオで、この曲からグループだったのが
この2名編成になったそうです。後に夫婦デュオになりました。
代表曲は「てんとう虫のサンバ」 当時知らない人が無い
程で私の結婚式でも妻の友人グループが歌ってくれました。
今は夢グループという通販まで手を拡げた会社に所属して
昭和歌謡ショーなどに出演されているようです。


皆様 おはようございます。
いよいよ令和の時代になりました!

昨日通った交通安全啓発の大きな人形を展示する場所、去年は西郷
どん
が立っていましたが、今回は新皇后陛下がお立ちでした^^。
私も家族や周りの方々、自然のお陰で何とか3元号目を生きてます^^。
さて今回はチェリッシュの曲のパクリではなく、そんな場所が撮影の
舞台でした。

ネットで「カタクリの小径」を探してみると、さぞ多く出てくると
思いきや出ていたのはほとんど青森県の黒石でした。
国鉄黒石線があった所で、その後弘南鉄道に変わって最終的
廃線となったそうです。残念ながらスケジュールが合わず近くを
通っただけで乗れなかった路線です。
そんな黒石にこの「カタクリの小径」という観光地があるそうで、
牧場の丘にカタクリが群生するそうです。
今回の記事はそことも関係ありません。一応観光地ではありますが
只の山の林の中の遊歩道です
(笑)。


10連休の初日は撮影に適さない曇りの寒い日、娘が息抜きに
来ることもあり自宅静養でした^^。
翌日曜、娘が午前中に帰ったので昼過ぎからいつも行くエリア
サナエ渓谷へ行きました。
トンボには会えませんでしたが、遊歩道の擬木柵では幼虫祭り
でした。各種の尺取虫青虫の小型幼虫ばかりで、なぜか毛虫
は1匹もいませんでした。やや大物はオオミズアオの幼虫が1匹。
川岸の岩場にはサナエトンボ羽化殻が5個ほど見つかりました。

その晩午後10時頃プチ遠征に出かけました。
連休前の金曜に忙しさで会社のスタンドでの給油を忘れたので、
途中でかあちゃんから支給された費用で満タンにして群馬に向
かいました。渋川・伊香保から関越道に乗って越後に入ります。
最寄りのパーキングエリアで朝まで寝ました。


翌朝は気温5℃近くまで下がりました。寝ている途中2回エンジン
をかけて暖房しました。目的地へ向けて6時前に出発、コンビニで
朝昼の食事を仕入れ目星をつけた山に着きました。
の心配が無い所で、横着ですが被写体と遊べればいいレベル
のワークなので折り合いを付けました^^。山を一通り回っていそうな
場所を物色した結果、トップ写真のような遊歩道で張ることに・・・。

ターゲットが出るまでを撮ります。
画像
   イワカガミwithヒゲナガガの1種 2019年 4月29日新潟県以下全て同じ
画像
       ショウジョウバカマ ほとんど終わって日陰に残っていた一株
8時半過ぎターゲット第1号が出ました。クサいと思っていたの樹がある
辺りでした。メス探しの男の子、そうこの日の主役はギフチョウです!^^
まず撮影第1号!
画像
         ギフチョウ オス
この個体は3カットで飛んでしまいました。
第2号、これも変な場所へ止まった今一ショット!。
画像
         ギフチョウ オス
この後しばらく撮れず、そこをちょろちょろしていた別のを狙いました。
画像
画像
画像
    コツバメ カタクリでの食事と得意の横倒しスタイルで縄張り監視

この場所は私以外誰も虫屋は来ませんでした。来るのは何組かの
山菜取りの年配ご夫婦。本当に新潟の方は山菜取り命です^^。
1組のご夫婦に伺ったら獲物はコシアブラでした。私も小さな樹を何本も
既に見つけていました。かなり豊富です。
一本の幼樹に芽の数が少ないので2個だけ芽を採って生で食べました^^。
爽やかな苦みがいかにも体に良さそうな味です^^!
画像
          コシアブラ3兄弟
時々巡回してくるギフチョウの止まったところを仕留める撮り方で
狙いますが、止まる回数は少なくほとんど感付かれ飛ばれます。
そんな中オスが余り来ないエリアでカタクリに1匹が来ていました。
画像
オレンジのマフラー、女の子です! 止まってくれました^^!!
画像
         ギフチョウ メス
ばっちり撮れたのですが帰宅後現像すると右の触角が欠けてました(苦^^)。
私の少ない経験ではメスはおっとりしていることが多かったですが
このはかなり活発で遠くへ飛び去りました。

この他足元から飛んで木の上に止まった1匹、これも腹の形で
女の子のようでした。(分かりにくいですが左 中央やや下)
画像
      ギフチョウ メス?→精査したらオスの可能性が高い
野郎共(オス)は回数は多く無いもののそれなりに撮れました。
画像
画像
画像
         ギフチョウ オス
一番下は前翅が下がっていますが活発に探雌飛翔してる個体の休憩
しているシーンです。
カタクリは終盤でくたびれていて、ギフチョウ交尾は見ることができ
ませんでしたが、関東の不足によるストレス解消は十分すぎるほど
できました^^。

全山翔け巡りモード突入で巡回数が減った後は山野草の撮影ですが、
あまりいい被写体がありませんでした。時々ギフチョウが通過、
新緑の林を飛ぶギフチョウは最高の虫景ですが、写しとめる腕が
ありませんでした。
画像
         オオバキスミレカタクリ

いったん下山してロケハン半分で未知のエリアへ行きました。
隣の地域へ向かう国道はまだ冬季閉鎖中で行けず、適当に行くと
トンボで有名な場所へ向かう道に出ました。どうもトンボは過去の
記録になっているようですが。
登山ルートを登っていくと駐車可能なスペースのある所でギフチョウ
花に止まるのが見えました。すぐ車を停めて駆け付けますが去って
行きました。次の個体も来ましたがこれも行ってしまいました。

待っていると程無くかなり擦れたオスが地上すれすれを飛んで来て
私の足元をかすめて行きました。追いましたが崖下に降りて行って
しまいました。その後全然来ないので山野草を撮影。
画像
     つくしの子が恥ずかし気に顔を出します^^
昭和の流行キャンディーズ、現役時代はファン以外はそれほど熱く
無かった気がしましたが、解散商法とも言えるほど解散を機に一気
に世間に浸透しました。悪いことではありません。
メンバーのすーちゃんは残念ながら亡くなられました。
画像
画像
     ケシ科エンゴサクの仲間
画像
     ツクシカタクリwith小虫  形の悪いカタクリしか・・・
画像
      多分スミレサイシン
画像
    エンレイソウ カタクリと同じユリ科ですが毒草 実(み)は食用
かつて希少トンボのいたらしい池の駐車場に車を停め池は
帰りに寄ることにして山の奥まで歩いて行きました。
棚田が延々と続き、シュレーゲルアオガエルの声が響きます。
ギフチョウは棚田の上を飛んできたオス1匹を見ただけでした。
イワカガミに黄色いアゲハが来ましたが、キアゲハでした。
でも絵になるのでカメラを向けたらすぐ逃げて撮れず。wで残念!
棚田の畔の土手や水路は関東平野部のコンクリ多用と違い、
自然感があふれています。羽化したてのシオヤトンボを見つけ
ましたが逃げられました。
画像
      棚田の土手はスミレの楽園
さして収穫もなく戻って池を見ました。環境は抜群ですが、半観光地化で
公園的整備がややされていました。
タバコが一本池に投げ捨てられていたので出しておきました。
タバコには毒があり、たった一本でも多くの生き物が死にます。そんなこと
は英語や数学と同じ重要さがあると思いますが、学校では教えないでしょう。
こういうポイ捨てをする人は自然の中へ来る資格がありません!


曇ってしまったので帰りながらロケハンしました。ギフチョウ
ポイントです。ちょうど適期と思われ、晴れていれば飛ぶ姿が
見られたかもしれません。ただ採集者も来るのでいい場所とは
言えないかも。置き忘れたのか伸縮式の網の柄らしき棒が放置
されていました。それとここはが出ます。
ここでも山野草風景のみ。
まずは人気下落で閉鎖されたらしいスキー場の上のコケの絨毯。
画像
画像
新潟と言えば外せないこの、今回はあまり見ませんでした。
画像
        キクザキイチゲ
画像
       ヤナギの花 残雪の山バック
ラストショットは赤紫が濃いイカリソウでした。
この日の歩数は21179歩でした^^。
画像
          イカリソウ
帰りは湯沢から高速道に入り、渋滞手前の渋川・伊香保で降りました。
一般道は翌日会社ではないので、渋滞にお付き合いするつもりでした。
しかし利根川を越えた所でついに切れました!^^「やってられっか!!:怒」
ここは私の仕事・通勤エリアです。使い慣れた道を会社の前も通って
順調に帰宅、テレビの酒場放浪記に間に合いました(笑)。


さて阪神タイガースは新人の活躍である程度の順位を保っています。
例年ゴールデンウィークまでですが今年はどうでしょう?
それにしても元からいた連中は何なのでしょうか? 新人が頑張って
いるのに相変わらず打てず、チャンスに弱いで恥ずかしい結果です。
一昨日は岩田投手を見殺しにした挙句ホームランを浴びて負けました。
連敗しなかったのは良かったですが、昨日も薄氷を踏む勝利でした。


今回も閲覧ありがとうございました。
次回はボウズによりネタ切れ、ネタを仕入れて頑張ります^^!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

MIYAKOUTA
2019年05月05日 06:37
おはようございます。
新潟まで遠征されたのですね!
淡い赤紫とギフチョウの組み合わせは憧れです。
良いですねー
しかもイワカガミやオオバキスミレ
山野草が一杯でね。
素敵な場所です。
ネコヤナギと山の景色を見て、
私も一度訪れた事があったように感じましたが
コシノコバイモがあったので錯覚かも知れません。
私も新潟に行ってみたいのですが
最近は忙しくなかなか遠征できません。
このブログを拝見し、
むずむずと行きたい欲求が高まりました(笑)

つばさ2号
2019年05月05日 23:18
MIYAKOUTAさん こんばんは
いつもありがとうございます。

実は先月下旬MIYAKOUTAさんの故郷へヒメ
ギフを見に行きましたが、時期が早かった
のと本番の2日目が曇りで全くダメでした。
その反動で確実に撮れる新潟にしました^^。
そこそこいましたが、もう少し数が欲しい
所でした。多産地を知らないせいもあるかも
しれませんが1度乱舞を見てみたいです。
ネットの噂を拾うとやはり多様な原因で減少
しているようですね。

コシノコバイモは見落としの可能性はありま
すが未だ見てません。
2019年05月06日 17:45
つばさ2号さん、こんにちは、、いつもありがとうございます。
昭和の流行歌はイッパイ思い出せるのに、何故か平成の流行歌は何かあったかな?、、私も同じです、、(苦笑
お目当てのギフチョウに逢えて良かったですね、、それも今までの鬱憤を晴らすほどの数に、、でも、撮影はとっても難しそうですね、、ご苦労様でした(笑顔
山の中を21179歩も、、相当な体力が必要でしょう、、私にはとても無理でしょうね(涙
タバコの毒については、知りませんでした、、いつも勉強させてもらってます、、。
toki
2019年05月07日 15:48
お花やギフチョウ楽しめました。
同じ方面だったんですね。
スギゴケの仲間、オオバキスミレ、カタクリも
いいですね。以前早池峰山の登り口に何㎞も?
カタクリがあるとか聞きましたが、
まだ行っていません。
口ずさむ歌がみんなかぶってます(^_^;)
もっと上の世代ですけどね。



toki
2019年05月07日 15:53
花とギフチョウ、楽しめました。
同じようなところに行っていたんですね。
昔、早池峰山の登山口にカタクリがずっと
咲いているというのを聞いたことがありましたが、
行っていません。
スギゴケの仲間ありがとうございます。
こうしてみると、杉というより松ですね。
つばさ2号
2019年05月07日 22:33
OTSUKYONさん こんばんは
こちらこそいつもありがとうございます^^!

私は70年代にいわゆる青春時代が始まった
世代、ビートルズアフターの洋楽隆盛でまだ
ソウル系は芽が出た程度でした。邦楽は歌謡
全盛で若者部門はフォークからニューミュー
ジックへ変わったすごい時代に育ちました。
なので演歌からユーミンまで嫌でも聞こえて
いました(笑)。その割に歌番組は音楽好き
の父でも見てなかったので見てません。

ギフチョウは早食いなので目の前の花にでも
来ないと傑作は困難で、背景等考えると確率
はさらに下がります。望遠系は多少有利と思
います。同業者がいない分自由に動いて撮る
ことが出来ました^^。
タバコは金魚が5分で死ぬらしいです。
つばさ2号
2019年05月07日 22:48
tokiさん こんばんは
若い頃は毎週ラジオの歌謡&ポップスベスト
10を聴いてました^^。今は各々好きなもの
を聴く時代で、全国感は無くなりましたね。

以前行った所は雪割草や青いキクザキイチゲ
が多かったですが、ギフチョウが居なかった
り来なかったりでダメ。今回はギフチョウは
良く来ましたが萎び始めたカタクリしか無く
て今一。うまく行きませんね(苦^^)。
帰りに寄った所はいい感じでしたが、採集者
の来ないポイントを探す必要がありそうで。

この所山が多かったのでコケはよく撮りまし
たけど芸術的に仕上げるのは難しいです^^。
ありがとうございました。

この記事へのトラックバック