四季 生き物達の風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 松山 初夏の主役 ハルゼミ登場!

<<   作成日時 : 2017/05/03 10:31   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
皆様こんにちは やっと暖かさが戻って来ました。
温暖化が進む中どんどん暑くなるかと思いきや、必ずしも
そうではないようです。今年は肌寒い陽気が続いています。
昔はこんな気温が当たり前だったように思いますが。


さてもう初夏が目の前、去年撮れなかった宿題、忘れては
いけません^^。そうハルゼミです。
去年は5月1日に行ったら、もう羽化が終わっていて抜け殻
しか無く涙を飲んだのでした。

二の舞にならぬよう4月下旬から下見をして臨みました。
まず4月22日、丘陵の松山はもう林内が暗いほど広葉樹
若葉が茂っていました。下草はスミレなどが咲いています。
ファンではありませんでしたが、若者時代流れていた天地
真理
の「若葉のささやき」という歌が浮かんできます。
画像
      チゴユリ       2017年4月22日 埼玉県
小虫ばかりですが、まず目についた大物はこいつ。
画像
      オオゾウムシ       2017年4月22日 埼玉県
2カット撮ったらポロッと防御反応で落ちたので枯れ枝にたけモデル撮影。
画像
天気が今一なのでも少ない上、この時期は小虫ばかりです。

コナラが中心の雑木林にはこんなのがいました。
画像
      ヤママユガ幼虫       2017年4月22日 埼玉県
ふと見た顔の前の枝に何かあり、虫センサーが反応しました。
画像
      オドリバエの一種 ペア    2017年4月22日 埼玉県
これは「オドリバエ」ってやつか? すぐ直感しました。
オスがメスに狩った獲物をプレゼントして交尾を成功させるという
噂はかねがね聞いていましたが、見るのは初めてです。
帰宅後調べると正解でした。海野プロの写真などが出ていました。
メスはプレゼントされた蜂らしき虫を抱えて食べていました^^。
この日はハルゼミの羽化にはまだ早いと思われる感じでした。


翌週29日の土曜、そろそろかとまた来てみましたが、抜け殻はありません。
まず見つけたのはカギバ科の蛾。東京メトロ有楽町線の電車みたいな
デザインです^^。
画像
      ヤマトカギバ       2017年4月29日 埼玉県
コナラの若葉に数匹の尺取り虫がいました。
画像
      チャバネフユエダシャク幼虫   2017年4月29日 埼玉県
成虫はメスが翅の無い「ホルスタイン」で有名なフユシャク蛾の仲間。
この日はこれまで。午前中晴れていましたが、昼過ぎから曇り始め
雷が鳴り出しました。その後不気味な程静かになった後に猛烈な
突風が襲ってきました。
これではセミは出ないだろうと下山、帰り道では雨が来ました。
そして上がった後かなり長い時間アーチ状のが出ていました。


そして翌日日曜は気温は低めながら暖かい良い天気になりました。
アニメのワンピースを見てから出動、釣人の駐車があるので駐車は少し
離れた場所にして歩いて松山に向かいました。途中の田んぼ脇の土手
トンボを見つけました。どうもコサナエの羽化後間もないメスのよう
です。大きめの個体(シオヤトンボ並み)で追いかけますが風に煽られ
て見失いました。
丹念に探すも再発見出来ず、幸先の良くないスタートです(苦笑)。

ハイキング道を上りますが抜け殻はありません。やはり昨夜の天気
ではセミは羽化を決行しなかったようです。

チョウ黒系アゲハツマグロヒョウモンキアゲハヒメウラナミ
ジャノメ
コジャノメなど出揃ってきました。ルリタテハの産卵など見るも
撮影チャンスはありませんでした。
あちこち探索するも小虫ばかりで面白くありません。
このフィールド専門の仲間のMさんと合流して時間をつぶします。
高台の開けた場所ではナミアゲハやボロいヒオドシチョウがいました。


大物はオオゾウムシくらいしかいません。仕方なくいたものを撮ります。
画像
      アオバハガタヨトウ幼虫       2017年4月30日 埼玉県
こいつはたくさんいました。成虫は割ときれいですが未見です。
画像
      夕陽のヤブキリ幼虫 多分オス   2017年4月30日 埼玉県
画像
      アカシジミ幼虫       2017年4月30日 埼玉県
画像
      コミミズク           2017年4月30日 埼玉県
コミミズク成虫は初めて見ました。

これはもしかしたら会えると思っていた虫です。
画像
      オオコクヌスト           2017年4月30日 埼玉県
この時期の里山で過去2回会ったことがありました。
コクヌストは「穀盗人」ですが、穀物ではなく他のを食べる肉食
のようです。一見ツヤハダクワガタ(山地性:未見)に見えます^^。

さて夕方になり、Mさんとの樹をチェックしますがセミの子はいません。
情報では明るいうちに羽化するケースが多いとあります。
何回も見ましたがいませんでした。6時を回り、Mさんは翌日仕事に
差し障るので帰りました。私も仕事ですが、私の動物的勘は今日だ
とささやきます。たまには粘ってみましょう^^。


薄暗い松林オオゾウムシが交尾していました。
画像
      オオゾウムシ ペア    2017年4月30日 埼玉県

暗い松山を懸命に探すも見つからず、帰り道の道沿いだけに
的を絞って見ようと決め、ライトで照らして行きました。
何本目かを見た時でした。!!!
画像
ほぼ顔の前に2匹の幼虫が懸命に樹を登る姿が浮かび上がりました!
時間は午後7時半頃でした。よっしゃー! すぐ撮影にかかります。
しかしこの2匹、元気いっぱいで登り続けます。放って置くと樹のてっぺん
まで行きそうな勢いです(爆笑)! しかもよく見るとこの樹は枯れ木でした。

仕方なく3回手に移して下から登り直しさせました^^。
1匹があきらめたように腰くらいの高さで定位しました。よーっし!
もう1匹はやっと手の届く高さで定位したのでこれは撮れません。


では順を追って羽化の模様をどうぞ。
(時間訂正しました。 カメラの時計が間違っていたため。)
画像
     定位 20時頃
画像
     背中が割れ、出て来た 20時半頃
画像
     どんどん体がせり出して来る 20時40分頃
画像
画像
     前半身が抜けた 上:20時50分頃 下:21時10分頃
イナバウアー この状態で脚が固まるまで休止です。
もうすっかり暗くなり、市街地が近いので空は明るさがあるものの
松山の中は真っ暗です。昼間はハイキングや散歩の人が時々通る
場所ですが、夜は誰も来ません。の騒ぐ音が聞こえます。
野兎穴熊などは問題ありませんが、は危険です。
ヤバいと思われた時はライトを照らして大声で吠え、威嚇しました(笑^^)。

遠くでフクロウの声もしています。 脚が動き出し再開。
画像
     イナバウアーから起き上がり、幹に止まる 21時40分頃
ここからあっという間にが伸びました。まさに翅に体液を送るバルブを
閉めていて、起き直るとさっと開けた感じでした。完成です!
画像
    ハルゼミ オス 2017年4月30日 22時頃  埼玉県
もう1匹もオスでした。あちらも無事羽化したようです。

さて色が付くまで見たいところですが、明日は仕事、撤収です。
下山して車を出したときは10時半でした。自宅から1時間程なので
支障の出ない時間に就寝できました^^。
今日から連休、渋滞を縫って何を撮りましょうか? こうご期待^^。


今回も閲覧ありがとうございました。次回もお楽しみに!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ハルゼミの羽化を自然の中で観察するとは
凄い!!
昨日が立夏。暦を感じるようにハルゼミは羽化するのですね。
ほかにも色々な昆虫を撮られて、
つばさ2号さんの自然への思いの広さと深さが伝わって来ます。
チゴユリ、まだ撮っていないので羨ましい〜
MIYAKOUTA
URL
2017/05/06 06:45
粘り勝ちですね。
さすがです。
2時間近くも同じ場所で撮り続けるなんて私には辛抱できないかもしれません。(^^;)
それにしても素晴らしい記録がとれましたね。
GWの成果も楽しみです。
ジダン
2017/05/06 22:52
羽化直前の幼虫を見つけて、
ハルゼミの羽化見事に撮りこんでますね!
夜は苦手で、怠惰なヒメオオなので、
貴兄のブログを見ただけで観察したことに
いたします(笑)。
ヒメオオ
URL
2017/05/07 18:34
MIYAKOUTAさん こんばんは
もう暦の上では夏なんですね。

子供の頃は自宅前の雑木林や小学校の校庭
にもいたハルゼミ、虫がどんどん登場する
初夏に気だるい鳴き声を響かせる好きな虫
でした。しかし開発が進み高校の頃を最後
に地元から絶滅しました。
近郊の国営公園にはいますが、開園時間外
の観察はできないので羽化を撮れる場所を
探していた所、去年見つけました^^。
チゴユリ、ここでは林床で無数に咲いてい
ました。

機材が貧弱なので撮れるシーンは限られま
すが、自然の一員を放棄しているとしか思
えない人間が自然の重要性に気付けるよう
な画像を記録したいと思います。
ありがとうございました。
つばさ2号
2017/05/07 18:57
ジダンさん こんばんは
いや〜〜ジダンさんが鳥に燃えている様子
を見ると私も年だなんて言ってられません。

ミンミンはフィルム時代蚊に襲われながら
撮ったことがありますが、近くに多産地が
無いので見つけるのは大変です。さすがに
今更アブラやニイニイでは不満ですので、
なんとか恰好が付きました^^。

GWはそれなりに撮りましたが、鬼門の
場所で転びそこで2度目のストロボ破損、
しかも今回は完全に破壊しました(笑)。
ありがとうございました。
つばさ2号
2017/05/07 19:09
ヒメオオさん こんばんは。
いえいえヒメオオさんの南方諸島遠征に
比べればままごとレベルです^^。

本当は色づくまで撮るべきですが、健康や
翌日の仕事に影響するまではさすがに出来
ず残念でした。続きはまたの機会にとって
置きます^^。
ありがとうございました。
つばさ2号
2017/05/07 19:37
羽化を待つのって根性ですね。
それも暗い森ですか。
めいっぱい不審な人ですね(^_^;)
羽化直後の青い個体を見たことがありますが、
すごく綺麗でした。って何ゼミだったか……。
toki
2017/05/08 17:11
tokiさん こんばんは。

待つのは全然平気でしたが、見つからない
のが参りました。丘陵の公園なので険しい
場所は斜面に入らない限り無いですが、
ポイントが分散していて足が棒になりかけ
るまで徘徊しました(汗^^)。おっしゃる通
り根性で見つけましたが、この2匹を見落
としていたら恐らくボウズでした^^。

すぐ近くに集落は無いので人や警官は来ま
せんけど猪がいるのでそれらしい気配が近
くでした時はびびりました。また近所で
ハイク中の病死や自殺があったとMさんに
聞いていたのでそれもびびりました(笑)。

羽化中のセミ、ミンミンはきれいです。
更にアカエゾゼミは超きれいらしいです。
ありがとうございました。
つばさ2号
2017/05/09 00:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
松山 初夏の主役 ハルゼミ登場! 四季 生き物達の風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる