昭和の鉄道 国鉄昔ばなしⅢ 夜汽車           ムーンライトながら廃止に思う 絶滅近い定期夜行列車

347M-2.jpg
    347M 大垣行 サロ163-1  1980年 8月 4日 名古屋駅
皆様 こんばんは
寒さコロナも増大中、迫り来るウィルスですが会社は
所在自治体が感染者100人超えの中一応収まっていて、
居住市も今の所50人未満で止まっています。
私もフィールドとラーメン店しか行かないせいか寒さでの
軽い風邪気味はあっても病的な風邪はちっともひかないで
やってます。塩分の摂り過ぎなのか軽い腎臓の症状が出た
ので今度の定期診察結果で対応せねばなりません。
歳を取ると悪くはなっても良くなることはありません^^。

会社の担当部品は大幅遅れながらも品質は良くなりました。
しかし片側半数が軽いハンマー調整が必要なレベルだった為
久し振りブームも落ち着いたアレ「全集中 金槌の呼吸」
の技を出ざるを得ず、短時間でこなせるよう試行錯誤の末
「弐の型:壱打成就」を編み出しました(爆笑)。

さてそのコロナですが生活様式を一変させてしまってます。
鉄道ファン注目のニュースで、コロナでの運休と使用車両の
引退で今後の動向が取り沙汰されていた臨時夜行快速電車
ムーンライトながら廃止が発表されました。
元々需要が減っていたところにコロナがとどめを刺した格好
になったわけです。

私はもう乗り鉄を引退していて乗車した事も見た事もありま
せんが国鉄時代に前身の大垣夜行は1度だけ乗りました。
私が現役乗り鉄だった頃は国鉄夜行列車は当たり前でした。
以前ブルートレインの記事で書きましたが、夜行列車の需要
が減り激減に追い込まれたのは社会構造の変化によるもので
懐古趣味的な理由での復活などは望めません。
今は富裕層や旅行代を出せる人向けで豪華列車リーズナブル
ツアー専用車輌がいくつかあるだけです。
TRAIN SUITE 四季島ウエストエクスプレス銀河など

国民の足として赤字覚悟でやっていた国鉄は否定され、採算
重視民間企業JRとなっているから仕方ありません。
世の中すべて金を出す人が無ければ商売は成り立たない社会
になっていて、医療、福祉でさえ切り捨てられます。
まっとうに生きている弱者を切り捨てない為にはそれなりの
仕組みを構築しないとなりませんね。

昔は列車汽車と呼ぶ人が多かったようで、フォークソング
や初期のニューミュージックの歌詞でも汽車がよく使われて
いました。作詞的には歌い易く、字余りでイメージダウンに
ならない文字数を選ぶ都合もあるでしょう。

ああだから今夜だけは 君を抱いていたい
ああ明日の今頃は 僕は汽車の中
チューリップ「心の旅」
詞・曲:財津和夫

汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる
かぐや姫 カバー:イルカ「なごり雪」
詞・曲:伊勢正三

ホームタウンまで切符をちょうだい
ちょうど夜明けに着く汽車
サーカス「ホームタウン急行」
詞:山川啓介 曲:佐藤 健

各駅停車の汽車だけが 振り返ることもない
「各駅停車」
詞:喜多條 忠 曲:石山恵三

夜行列車夜汽車と言い、これも歌詞に使われています。

花嫁は夜汽車にのって とついでゆくの
はしだのりひことクライマックス「花嫁」
詞:北山 修 曲:端田 宣彦・坂庭省悟

小学校で習った歌で「夜汽車」という唱歌もありました。
いつもいつも 通る夜汽車
静かな響き聞けば 遠い町を思い出す
詞:勝承夫

ドイツ民謡に日本の歌詞をつけた曲で、同級生をからかう
替え歌を誰かが作り、私も便乗して歌ったらその対象友人が
怒り、追いかけて来て捕まり懲らしめられました(汗^^)。
厳密に言うと汽車蒸気機関車:SLがけん引する列車です。
そういえば国鉄の車輌を作るメーカーに汽車製造会社(略称
:汽車会社)なんてのもありました。川崎重工に吸収合併され
消滅したメーカーですが、宇都宮工場だった所は今はバス工場
で偶然そこを通ったことがあります。
追記:この汽車会社、知りませんでしたが設立に渋沢栄一翁
   関わっていたそうです。

しかし昔のスタイルが残っていたとしてもコロナ下では通用
しないですね。長距離の夜行列車では一般客車はもちろん
寝台車食堂車感染の原因になる可能性があります。
現代の主力である高速バスでもそれは同じでしょう。
ワクチン治療薬の標準化でせめてインフルエンザ並みに
ならない限り元の生活様式には戻れません。

現在定期運行の夜行列車で残っているのは
特急 サンライズ出雲・瀬戸の1往復だけです。
昔は夜行普通列車(各駅停車)まであったというのに・・・。
国鉄時代、周遊券と回数限定の学割(学生割引)を使ってお得
な旅行が出来たので私も最大限に活用して全国を回りました。
その際宿代を浮かす為に夜行列車は欠かせない存在でした。

今のように金儲けファーストや富裕層をターゲットにした高級
志向は無かったので収入に対する物価がそれ程高く無かった事
と、高度成長の名残りで、頑張って働けば収入も増えて上向き
生きて行ける背景だったのも若者も気軽に旅行できた理由と
思います。後年は青春18きっぷなるものも出て鉄道好きの若者
やかつて鉄道好き若者だった中高年もよく利用したようです。
在来線の長距離列車が無くなった今は労働者にも格差が出来て
一握りですが昔では考えられないユーチューバーとかで稼ぐ人
がいる一方、温かみの欠片も無いようなブラック企業で苦しむ
人も居るでしょう。現在コロナで想定外の失業や医療現場等
の異常事態も起きています。
優位な立場に居ないと収入も増えず、旅行もままならないのが
最大のハンデでしょうね。
旅行の選択肢も高額新幹線航空機しか無く、夜行高速
バスオンリーになりました。
他にも昔は自家用車購入やスキーなど必ずしも若者がやりたい
出費今のスマホゲーム、昔から見ると過剰に見える身だし
なみキープでの衣服化粧品みたいに必須アイテムで無かった
事も旅費を捻出し易った理由と思います。
なんせ当時の若者は男でも長髪でジーパン姿のむさ苦しい格好
がトレンドで安上がりの生活で済みましたから^^!
出かける動機もあった気がします。今みたいに何処も同じ風景
ではなく、最果ての地や駅には首都圏には無いロマンを感じる
風景が待っていたのです。
札幌駅197804-1.jpg
 1978年 4月の札幌駅  右側奥に見えるのはキハ56系急行狩勝1号

門司港駅-1.jpg
    1985年 5月 5日の門司港駅  
     現在は歴史遺産での観光地化で整備されてしまった

おしまいに私が乗った夜行列車をいくつか紹介します。
347M-1.jpg
  347M 大垣行普通 サロ163-1 グリーン自由席 東京⇒名古屋 乗車
                1980年 8月 3日 東京駅 トップも同じ
追記この大垣夜行、ネットの書き込みなどでは165系
    されていますが元々は153系で、先頭車は時々クハ
    165が入ったらしいです。急行東海号と共通運用で
    私の目撃では湘南色に塗り替えられた元修学旅行用
    の155系が部分的に入っていました。同様に159系
    が組み込まれたこともあったようです。

418-1.jpg
  418 急行狩勝8号 スロ54-509 グリーン指定席 釧路⇒滝川 乗車
     DD51-524            1981年 3月18日 釧路駅

441M-1.jpg
  441M 長野行115系普通 多分クモニ83 800
    新宿⇒日野春 乗車   1979年 7月 9日 日野春駅

606-1.jpg
606-2.jpg
606-3.jpg
606-4.jpg
606-5.jpg
   606 上り急行越前   オハフ45-2015 オハ46-2498
                                                普通自由席   高岡⇒大宮 乗車
 EF70-31(福井~富山) EF81-15(富山~直江津)
 EF62-11(直江津~高崎) EF62-40(高崎~上野)
 碓氷峠補機EF63-14+不明
      1979年 3月22~23日 高岡駅 富山駅 軽井沢駅 大宮駅 

506M-1.jpg
  506M 急行立山6号 クモハ475-15 富山⇒武生 普通自由席乗車
                       1980年 8月 8日 富山駅

501-1.jpg
   501 急行きたぐに    オハ12-341・350
    EF70-59 EF81-5
    武生⇒富山 普通自由席乗車   1980年 8月 9日 富山駅

銀河51-2.jpg
銀河51-1.jpg
  8115 急行銀河51号 オハフ15-17 東京⇒米原 普通指定席乗車
       EF58-61  1981年 上:5月 2日 米原駅
                   下:5月 1日 東京駅

山陰-1 001.jpg
山陰-2.jpg
  827 普通山陰号 オハネフ12-45 和田山⇒米子 B寝台乗車
      1981年 8月 3日 上:大山口駅(特急あさしお2号と交換)
      DD51-1172   下:赤碕駅

805-1.jpg
  805 急行さんべ5号 スハフ12-148 米子⇒江崎 普通自由席乗車
      DD51-628         1981年 8月 6~7日 米子駅

この後江崎で交換した対向の806 急行さんべ6号 スハフ12-146
              DD51-1117 普通自由席に乗り換えて乗車
江津で下車して三江線に乗る予定でした。しかしふと目覚める
そこは江津!! 慌ててバッグを引っ掴んで飛び出しました
無情にもドアは目前で閉まりました。
昔の手動ドアボロ客車(旧客)ならOKだったのに・・・。
ご存じのように三江線は最近廃線となり、永久に乗車は叶わぬ
ことになったのでした。

立山6502M-1.jpg
  6502M 急行立山 クハネ581-37 富山⇒敦賀 普通自由席乗車
                        1985年 2月 9日 富山駅

立山6501M-1.jpg
  6501M 急行立山 モハネ582-68 敦賀⇒福井 普通自由席乗車
                       1985年 2月10日 福井駅

以上夜行列車にまつわる思いと思い出を綴りました。
長編を閲覧いただきありがとうございました。
次回をお楽しみに!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年01月24日 23:02
こんばんは。

ムーンライトながらが廃止になったんですね。ムーンライトには乗ったことはありませんが、国鉄時代の「大垣夜行」には東京から大阪に帰る時に乗ったことがあって、確かグリーン車で早めにホームに並んだ記憶があります。その時は途中の名古屋で関西本線に乗り換えて奈良へ。奈良からは近鉄と言ったルートでした(^^)
名古屋からの関西本線、普通列車でしたが旧型客車だったと思います。

臨時の銀河、これは寝台ではなくて座席車でしたが大阪から東京まで乗りました。

懐かしいですね。
MIYAKOUTA
2021年01月25日 05:53
コロナの影響で、廃止になる車両があるのは寂しいですね。
私は夜行列車に乗ったことは無いのですが、
信州から、母の親戚の名古屋までは、
昔は各駅停車に乗って行った事を思い出しました。
駅弁とみかんとお茶を
列車からホームで売るおじさんとの窓越しに買って・・
懐かしいです。

懐かしいお写真に唸るファンの方が沢山いらっしゃる事と思いました。

2021年01月26日 17:46
こんにちは、いつもありがとうございます。
いや~懐かしい夜行列車の写真がいっぱい、、古い写真を大事に持っておられるのですね、、素晴らしいです。
私は引っ越しするたびに、印画紙に焼いた写真は廃棄して来ましたので、ほとんどありませんので、こうして見せていただけると、とても懐かしいです。
こういう夜行列車の長~い旅をすることはもう無いのでしょうね。
確かに国鉄が民営化されたので、採算のとれない列車は廃止、路線自体も廃止が多いですね。
最近の遊び心がある観光列車では、想い出は作れないような気がします。
つばさ2号
2021年01月27日 21:19
narayamaさん こんばんは。
ムーンライトながらはコロナで運休となっていて、その
後使用車種の185系が引退の報道が出ました。
今の鉄道ファン、特に青春18きっぷの愛好者は数少ない
昔風の旅行には欠かせないこの列車の動向が気になって
いたと見えてネットに「どうなるんだ?」との記事や
書き込みが多数ありました。
JR2社もそれを無視できず公式発表したと思われます。

大垣夜行乗られたのですね。名古屋から奈良のルートは
私は思いつかないコースです。私なら紀伊方面に行って
しまうでしょう^^。旧型客車は私も数えきれない程
乗った思い出深い車両です。

その大垣夜行 私が乗った時は未だ人気が過熱する前で
早めに並べばグリーン車にも座れました。何時間前から
だったか覚えていませんが、グリーン券をJTBか日本
旅行で事前に買ってから並びました。
後年グリーン券は窓口で席数限定で販売し、それが無い
と乗れないルールになったと聞きました。
臨時の銀河も乗られたのですね! 私は14系座席車に乗
る目的で、近畿地区中心の乗りつぶし旅行でした。
偶然お召用の機関車に当たり超ラッキーでした^^!
ありがとうございました。
つばさ2号
2021年01月27日 21:33
MIYAKOUTAさん こんばんは。
今のJRは採算第一ですからコロナを言い訳にして経費
のかかる列車を止めたという部分もあると思います。
一部の愛好家向けに存続というわけにも行かないです
から。昔はそんな列車が必要な程需要があった訳です。
私の青年時代までは駅が旅行・レジャー客であふれて
活気づいていました。

昔の中央西線に乗られたのは素晴らしい体験ですね!
私は父が入院していた名大病院からSL D51を見た
記憶があります。
駅弁とかわいい取っ手付ポリ容器のお茶、冷凍ミカンは
昭和の旅の象徴ですね。私は幼少の頃の記憶しかありま
せんがはっきりと覚えています^^。
駅弁にはずいぶんお世話になりました。当時は高級では
無く素朴でバラエティ豊富、うなぎも千円程でしたね。
もうあのような旅行はできない世の中になりました。
ありがとうございました。
つばさ2号
2021年01月27日 21:52
OTSUKYONさん こんばんは。
こちらこそありがとうございます。

家庭を持つ前に沖縄を除く全県を回れたのは貴重な経験
で、その時の写真はDPEの同時プリントですが、いつ
でも見られる引き出しに入れてあり、当時の写真店が
くれた紙のファイルはもう擦り切れてます^^。
ネガは変質してるかもしれませんね。
今でいうコンパクトカメラで、大した写真は撮れなかっ
たにしてもフィルムがもったいなくて撮りまくりができ
なかったから面白い鉄道風景を多く見逃したと思います。

イベントやツアー列車と違うのはあくまでも日常の生活
の一場面としての鉄道だったということで、もうそれは
再現できないものですね!