四季 生き物達の風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 春本番 林の生き物たち

<<   作成日時 : 2018/04/17 03:52  

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
       ツマキチョウ オス      2018年 4月8日 北関東
皆様おはようございます。
大部暖かくなってきました。3月の末から越冬キリギリスシブイロ
カヤキリ
の声が会社帰りの運転中バイパスの拡張予定で確保されて
いる建設準備スペースで聞こえ始め、20℃前後の日はクビキリギス
の声も少し混ざっていました。
ここ数年クビキリギスが衰退し、シブイロカヤキリがかなり優勢に
なって来たようです。
飛翔が得意で広い生息スペースが必要なクビキリギスは都市化や
ソーラー発電所の増加で住みづらくなり、余り飛び回らないで荒れた
草地が好みのシブイロはむしろ住みやすくなったという所でしょうか。

13日の金曜は会社で私を先導するように飛ぶナミアゲハと倉庫前の
広場に撒かれた水を飲みに来たクロアゲハを見ました。


4月1日でインスリン注射薬「ライゾデグ」が残量ゼロ、飲み薬オンリー
に切り替わりました。これでプチ遠征も薬持参でやりやすくなりました。
とはいっても嘱託契約社員になって収入大幅ダウンなので、おいそれ
と遊び回れる身分ではありませんが(汗:^^)。
とりあえず来年に向けて今年撮れなかった未確認飛行物体の探索を
続けています。

まず4月8日、やや肌寒いながら良い天気、フィールドはシロチョウ科
がたくさん飛び回っていて、ツマキチョウの姿を多く見かけました。
しかしこいつはノンストップで写真家泣かせの被写体、100マクロレンズ
で飛翔はきれいに撮るのが難しいので時間ロスになるからパスです^^。

荒れ地の草むらに薄いブルーの花が咲いていました。
後で調べたらユリ科の園芸種のハナニラという草花でした。
ニラの親戚でこの仲間特有のネギ臭がありますが、毒成分
あって食べると下痢するそうです。
春の定番のモモブトカミキリモドキが来ていました。
画像
     ハナニラモモブトカミキリモドキ メス 2018年 4月8日 北関東
林に入ると陽が翳って来ました。探索している目の前に飛んで来たのは
ツマキチョウのオス、枯れ草に止まりました。オスの静止は初めてだった
のでラッキーでした^^。   トップ写真がその時のカットです。
寄せてアップを撮ろうとした時日差しが戻って飛び去りました。

不法投棄のゴミが点在する林床にはスミレフデリンドウがたくさん
咲いていました。
画像
画像
       フデリンドウ 下は入り     2018年 4月8日 北関東
2枚目(下)の花にはまたモモブトカミキリモドキのメスが入っていました。
モモブトの由来は腿太で、オスの後肢の腿が太くなっています。
丁度Hirokouさんが記事にされています。http://hirokou2.blog.so-net.ne.jp/
以前撮ったオスの画像です。

画像
画像
       モモブトカミキリモドキ オス  2014年 4月13日 埼玉県
ここは河川敷の林ですがこんなもありました。
画像
       モミジイチゴの仲間      2018年 4月8日 北関東
昔、相模原の牧馬峠へ通った時、この花で吸蜜するギフチョウがうまく
撮れなかった思い出があります。
木立が深くやや暗いエリアには黄色い花が咲いていました。
画像
       ヤマブキ           2018年 4月8日 北関東
午後4時、フデリンドウはまだ暖かい日差しがあるのに見る見る花びらを
閉じてしまいました。
画像
       フデリンドウ        2018年 4月8日 北関東

2週ほど前から「チリリ チリリ」と可愛く鳴く小鳥がちょろちょろしているのに
気づいていましたが、近くで見る機会がありました。飛び去る群れです。
画像
大き目でずんぐり体形からレンジャクのようです。

翌週の土曜も同じエリアへ出動、天気は今一でちょっと肌寒い感じでした。
画像
    スミレキンポウゲ科の黄色  2018年 4月14日 北関東
スミレキンポウゲクサボケ等の咲く土手を三脚抱えて歩いていたら
多分カンゾウの葉を踏みつけて粘液質の葉でスリップして転倒!
カメラが顎をアッパーカットで直撃、痛てぇ〜〜〜〜(苦^^)。
野歩き用に格下げしたすり減ったハイキングシューズはこんな短所も
あります。気を付けねば・・・^^。

やがて晴れ間が出ました。林内にはあの「チリリ チリリ」の小鳥がたくさんいました。ずんぐりとデカく頭の飾り羽が逆立ったレンジャクでした。
キヅタの実を食べているようです。しばらく様子を見ていたら、危険が無いと
判断したのか、休む樹の下まで近づけました。撮影して尾羽の先を確認すると黄色でした。
画像
       キレンジャク 超トリミング^^   2018年 4月14日 北関東
このエリアの広範囲にキヅタが多くあるので、かなりの数のレンジャク
集まっているようでした。


その後環境の良い林を見つけて探索しました。
画像
       ミノウスバ幼虫      2018年 4月14日 北関東
画像
     クマヤナギ葉上のナナフシモドキ幼虫 2018年 4月14日 北関東
画像
       二ホンアマガエル        2018年 4月14日 北関東
ターゲットの幼虫かも知れない奴を1匹見つけました。体長約4mm。
しかし風の来ない枝に移して撮ろうとした時、目を離したら落ちていました。
薄暗くなるまで他にいないか探しましたが、次はいませんでした。

まあもっと大きくなれば確実なので、またの機会に^^。 でも困った事に
私の天敵ドクガ幼虫も群れていたので、次の探索は要注意です(笑)。


翌日の日曜、リベンジと行きたい所ですが、雨が降ったのでズボンが
濡れるから止めて近場の丘陵へ。晴れましたが強風!
コナラの若枝にいたのは。
画像
   シロトゲエダシャク幼虫 若干被写体ブレ 2018年 4月15日 埼玉県
3月6日に撮ったの子供、毛虫風の尺取虫です。

の若枝にいたのは。
画像
       トビサルハムシ      2018年 4月15日 埼玉県
割と早く出るサルハムシ、まだ寒い日もある季節に出るためか結構
毛むくじゃらです。風でブレるので苦労してたら名前(トビサルハムシ
=飛び去るハムシ
)の通り飛んで行ってしまいました。(笑)。
ちなみに名前はとび色(鳶色)サルハムシ(猿葉虫)という意味
だと思います^^。猿葉虫とは脚が長くを連想するからこのグループ
ハムシに付けられたのでしょう。

それから暫く待ってみましたがめぼしいは出ません。
どうも自県は影が薄くていけません。人間が便利な環境になると
自然は衰退するみたいですが、発想を変えれば自然も好転するの
では? 杉林を止めて雑木林に戻せばも戻って来て花粉症の人
も助かると思うのですが^^。
そんな中やっと樹の幹を這う甲虫を発見!
画像
       クロハナムグリ      2018年 4月15日 埼玉県
体がテカテカ擦れているので越冬明け個体のようです。
この後すぐ飛んで行ってしまいました。

来た時からミヤマセセリがせわしく飛び回っていました。
画像
       ミヤマセセリ オス      2018年 4月15日 埼玉県
これを撮っていた時ハッとするほどきれいなルリタテハが舞い降り
ましたが、カメラをセットする前にどこかへ飛び去りました。

さて、どんどん季節が進む時期になりました。行く場所も環境がどんどん
と変わって不適地化しているので開拓も必要です。次はどこで何を撮り
ましょうか?


今回も閲覧ありがとうございました。次回もご期待ください!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ミヤマセセリぽつんと可愛いですね。
いろいろな虫が出てきて、ナナフシモドキの幼虫は
ギボクで見ました。ながい足が邪魔そうでした。
レンジャク良かったですね〜。
toki
2018/04/19 21:38
tokiさん おはようございます。
ミヤマセセリ、もう少しいい感じのが撮れ
ましたが、バックの色が今一でした。
ナナフシモドキは自県でも撮りましたが、
いる樹はコナラが多いですね。

レンジャクは地元にもある自県の鳥の名所
では出ると大騒ぎですが、このエリアでは
鳥屋さんも数人にしか会いませんでした。
それも別に集まっていることも無く、何を
撮っているかもわからない感じでした。
この県でも熱心な鳥屋さんは多いので、有名
ポイントには集まるのでしょうが、都会に近
い方でのフィーバーぶりはやはり異常なのか
もしれませんね。
ありがとうございました。
つばさ2号
2018/04/21 04:48
春らしい画像が沢山!
野の花も私は好きですので、
スミレやフデリンドウも素敵に撮られていていいなと思いました。
ツマキチョウやミヤマセセリの裏翅もその魅力が
十分表現されていますね!
モモブトカミキリモドキ、
名前を知らずにおりました。
たまに見ていたと思います。
チョウ以外の名前も調べなくては・・
MIYAKOUTA
2018/04/23 05:21
MIYAKOUTAさんこんばんは  草花ですが
KOUTAさんみたいにきれいに撮れればもっと
よかったのですが、言い訳をするとターゲ
ット探しを優先してやや手抜きでした^^。

ツマキチョウの撮影が難しいのは十分承知
なのでKOUTAさんの作品を見て恐れ入りま
した!! 私は静止が精一杯です^^。
それにしても高校時代以前の虫があふれて
いるフィールドにまた出会いたいです。
ありがとうございました。
つばさ2号
2018/04/23 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
春本番 林の生き物たち 四季 生き物達の風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる