四季 生き物達の風景

アクセスカウンタ

zoom RSS あの夏の忘れ物  思い出のコガネムシ

<<   作成日時 : 2017/07/13 23:16  

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

皆様こんばんは。
先日11日、アブラゼミの鳴き声を確認しました。またいつもの
フィールドでは土曜日ヤマトタマムシのオスがエノキの梢を
巡回飛行していました。そしてとうとう猛暑日が出たので地元
ヤンマを見に行きました。
ここの主ともいえるKさんだけが来ていて、マルタンオスx2と
ヤブオスの3匹が出たそうですが、私が来た時には姿を消し
ていました。ネアカヨシの姿が無いのでちょっと心配です。

今日は子供時代の夏休みのお話です。
小学生の頃、父の仕事熱心と家のローン返済で大型レジャーは
ほとんど無かった我が家でしたが、海水浴は何度か連れて行っ
てもらえました。

父の会社の海の家があった千葉御宿へ何回か行きましたが
当時はリゾート地の様相は全く無くて、ひなびた海の町でした。

新宿両国からキハ58系の急行「外房」に乗って行ったのです
が超満員で、子供の私と弟はよその家族の御厚意で2人掛けの
座席の端に座らせていただいた記憶が残っています。
当時冷房はまだありませんでしたが、暑かった記憶はありません。
進行方向が変わる大網白里駅にはキハ30系の普通列車が停車
していました。ステンレスのキハ35900も見た記憶があります。
当時は房総東線と呼ばれていて、内房側は房総西線でした。

海の家は大広間に家族ごとの雑魚寝でした。海岸までは集落を抜
けてやや長い距離を歩いて行きました。ヤブカラシのからんだ垣根
キリギリスの鳴き声だけを憶えています。

小学校高学年の時だったと思います。朝早く一人で散歩に出ました。
恐らく虫捕りが目的だったと思います^^。
海岸への道の途中に灯火があり、そこに前の晩飛来したがまだ
居残っていました。当時はライバルのカラスはそれほど多く無く、先
を越されることは全然無かったと思います。

そこにいたのはきれいなコガネムシ、5匹くらいはいたと思います。
東京にいた頃から身近だったコフキコガネよりちょっと大きく、背中に
白い縦スジが入っていて、掴むとキュウキュウと鳴き声を立てました。
初めて見たそのコガネムシシロスジコガネでした。
親に袋をねだり渡されたのは紙袋でした。今はコンビニ袋に代表される
ポリ袋が当たり前ですが、当時はみんな紙袋でした。
帰る日だったので、私はシロスジコガネを紙袋に入れ荷物の隣に置いて
海水浴に出掛けました。
戻って来て帰ろうとした時、袋が無くなっていたのです。誰かに盗られた
か親がこっそり処分したか真相は謎でしたが。憶えてはいませんが相当
落胆したはずです。まあ持ち帰っても餌がわからず殺してしまうからそれ
で良かったのかもしれません・・・。

行きは急行列車でしたが、帰りは普通列車でキハ10系の混ざっている
鈍行に乗って帰りました。線路脇にたっぷり茂ってカヤキリの鳴く声が聞
こえるススキを風圧でざわざわ波打たせて列車は千葉を目指して夕刻の
房総の野山を進んで行きました。

大学生の頃でしたか、ふと思い出して御宿へ向かいました。
もう房総各線は横須賀線と直通になっていて気軽に行ける場所になって
いました。選んだ列車は113系1000・1500快速「白い砂」号でした。
駅の水飲み場の下部に濡れ鼠で死んでいるコガネムシを見つけました。
シロスジコガネかもしれませんが拾い上げる気にはなりませんでした。
その後生息地の松林へ行ってみましたが、飛び去るウバタマムシを見た
だけで、何の手掛かりも得られないまま帰途につきました。


就職し車を買い、夜の三保の松原へも行きましたがシロスジコガネには
会えないまま時は過ぎました。家族で静岡へ旅行し、ヒゲコガネは何回
か見つけましたがシロスジはやはり会えませんでした。

2009年、よく行く隣県にも生息していると聞き、ナイター遠征を敢行して
みました。自然度の高い地域を選んで海沿いの灯火を当たりました。
そして2か所のコンビニで雌雄を捕獲することに成功しました。
翌朝松のある公園で一人撮影会をしました。
画像
画像
   シロスジコガネ ペア  左:メス 右:オス 2009年 7月19日 北関東
しかし、まだ写真への厳しさが足りなかった私は細かなブレを見逃して
いました。そして当時使っていた容量の小さな外付けハードディスクが、
欠陥とも思える容量を食いつぶす癖のあるウィンドウズビスタのトラブル
で電源オンオフを繰り返したことに臍を曲げたのかアクセス不能になり、
不出来な画像さえも取り出せなくなってしまいなした。
今回はプリントが残っていたのでそれをスキャンしました。

撮り直しを狙って何度か再訪しましたが、減少著しいと聞くシロスジコガネ
は現れてくれませんでした。
そして先週末また行ってみました。彼らの生息地と言われる松林は割と
残されています。しかし施設や住宅がかなり多く、住める場所は限られる
だろうと予測できました。
結論から言えば成果は海水浴場の前の道の水銀灯の下で車に踏まれた
お煎餅のオスが1匹でした。
カラスが先に来ていたので持って行かれた可能性もあります。
一応生息は確認できましたが、この地域での撮影は厳しそうです。
コンビニの閉店や灯火のオレンジ化LED化も障壁になっていました。

湘南静岡は遠かったり、夏の海辺は交通状況が最悪ですので、電車利用
とか訪問条件がどんどん悪くなるので難しいですね。絶対会える保証もある
訳ではありません。かと言って採集家のように灯火セットを使うなどは気が乗
らない上資金も無いし^^。子供の頃の思い出は遠くなる一方です。
まあ死ぬまでに何とかまともに撮りたいものです^^。

さてそうは言ってもただでは転びません。何かしら撮って帰ります!!(炎^^)
行く途中、前回と同じ市町村ですが別の場所。かなり小さい湿地でしたが、
いる感じがしました。すぐ目に入った食草に食痕、探すとすぐ見つかりました。
画像
     オオルリハムシ          2017年 7月8日 北関東
カップルもいました!
画像
     オオルリハムシ ペア       2017年 7月8日 北関東
水辺で少し涼しい風がありましたが、地元では恐らく猛暑の日、ここも
相当暑くて汗だくの撮影でした。

夜間はストロボが無いので撮影できません。以前シロスジコガネをゲット
したコンビニには昔地元に腐るほどいて、今は絶滅状態のクロカミキリ
が数匹とこいつが飛来していました。
画像
    ノコギリクワガタ オス 捕獲して翌朝撮影 2017年 7月9日 北関東
このクワガタを写したプチ公園のクルミの枝にいたのは。
画像
     アオドウガネ          2017年 7月9日 北関東

この後はトンボのポイントへ回りました。
まず見つけたのはクビキリギスのお婆さん! 生き抜いてきた証しが
何か所も体に。
画像
     クビキリギス メス         2017年 7月9日 北関東
ちょっと苦労しましたが何とかゲット!!
画像
     ヒヌマイトトンボ ペア       2017年 7月9日 北関東
さて、羽化を探して見ました。以前はかなりの数が見られたのですが、
全然いません。まだ時期が早いのか? と有名スポットへ。
画像
     ナゴヤサナエ オス       2017年 7月9日 北関東
居ました!!! 以前はどこでもいたのですが、全く見つからず
時間が経ってしまい、この状態からの撮影でした。
撮っていたら私を嫌って飛び立とうとして着水したので、拾い上げ
樹上に放しました。
他に羽化不全が1匹と抜け殻が1個だけでした。単に時期が早い
だけならいいのですが・・・。


さて今回もターゲットは死骸だけで撮影できませんでした。
環境の悪化と共に会えないが増えています。
快適なのはいいですが、地球の仲間を排除しないのが真のエコ
いう事を忘れないのが我々人間の義務だと思います。

閲覧ありがとうございました。 次回もお楽しみに!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
海辺のヤブガラシの絡んだ垣根って目に浮かびますね。
遠い昔いた海辺のまちを思い出します。
コガネムシの識別は苦手です。
緑の似たやつがたくさん。
オオルリハムシは胸は薄いんですね。
見てみたいです。
toki
2017/07/14 19:11
tokiさん お早うございます。

海は何か郷愁を誘うものがありますね。
私は海辺に居たことはありませんが
時々「みかんの花咲く丘」の歌の風景
が頭に浮かびます。

オオルリハムシ、横から見た胸の形は
くさび形でそれなりの厚みはありますが
外観は確かに薄っぺらに見えます。
両側に窪みがあるのも一因でしょうか。

コガネムシの緑のやつはサクラコガネの
グループでしょうか? 確かに何種も似た
のがいて私も図鑑を見ないと見当がつき
ません。榛の木にいればハンノアオコガネ
でしょうけど^^。
ありがとうございました。
つばさ2号
2017/07/16 09:01
こんにちは、、いつもありがとうございます(笑顔
情報の多さに驚き、、いつものようにじっくり読ませていただきました、、子どものころを思い出しながら、、、(苦笑
OTSUKYON
2017/07/17 17:49
OTSUKYONさん こんばんは
こちらこそありがとうございます。

子供の頃、今みたいにデジカメやスマホが
あったら鉄道のびっくり画像や地元で絶滅
した虫の写真を披露できたのですが^^。

週末何かしらは色々撮っているので、毎日
アップされている方のように出すことは可能
ですが、本業をまじめにやっているのでこれ
以上やると体が持ちません(汗^^)。
よってまとめた記事を書くことになりますが
田舎へ行くことが多いので、減っているとは
いえ色々な虫に会うからつい大盛りになって
しまいます。出す写真は一部ですけど^^。
つばさ2号
2017/07/18 22:50
昔の情景が浮かんでくるようなブログの展開です。
つばさ2号さんが小さい頃から昆虫の大好きな方なのが
よく分かりました。
私も小さい頃親にチョウの多い場所に連れて行ってもらい
オオヒカゲが沢山飛んでいた事を思い出しました。
シロスジコガネ、綺麗ですね。
惚れ惚れします。
アブラゼミが鳴くとホソバセセリやクロヒカゲモドキが
楽しみで毎年見に行っています。
今年は行けそうもありません。
セミが鳴くと思い出話に花が咲きそうです。
MIYAKOUTA
URL
2017/07/20 06:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あの夏の忘れ物  思い出のコガネムシ 四季 生き物達の風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる