四季 生き物達の風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 駿河トンボ旅 ベッコウ「野郎朝」 メスはいずこ?

<<   作成日時 : 2017/05/14 22:28   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
皆様こんばんは 初夏らしい陽気になって来ました。
昨日は雨なので休撮でした。


私が子供の頃、高度成長で野山が埋められ住宅や工場が出来、
虫がどんどん減って行きました。その後バブル崩壊やリーマン
ショックで一時開発が止まったかに見えた時期がありました。
丁度その時期に私は昆虫写真を始めて、自県とその近県で色々と
見聞し撮影することが出来ました。

しかしここ数年また開発の嵐が野山を襲っているように思えます。
その中身はエコを謳った太陽光発電所、内部留保で潤い設備投資
を図る大企業が工場や物流センターを建設、環境整備にかこつけた
平地の貴重な樹木の伐採等です。道路もいつの間にか増えています。
その内撮れると思っていた虫たちが、撮れないかもしれないに変わり
つつあります。特に良好な環境でしか生きられない種は。

むせるような初夏の野山、他に誰もいないフィールドで虫たちの情景を切
り取るべく息を止めて被写体の虫と対峙する。そんな時間を過ごすことが
できたフィールドがひとつ、またひとつと陳腐な感動の無いただの郊外の
空間へと姿を変えて行くのに、自然の生き物に興味の無い人にはそこで
どのくらい生き物が消えているのかを知ることも無いし問題だとも思わな
いでしょう。それは人間の生活に直接影響が無いからです。

私にはできる範囲内で撮れる虫を追い、そこがずっと残ることを祈ること
を続ける他はありません。


さてゴールデンウィーク、自動車部品部門は9連休ですが、私の部門は
カレンダー通りで後半5連休のみでした。
プチ遠征先はまた桶ケ谷沼にしました。ベッコウトンボの成熟体の撮影
です。あわよくば関東にいないサナエなどももくろみました。

5月3日の昼前に出発、高速道は渋滞していますが、私のルートは部分的
に滞るだけで大渋滞はありません^^。
途中の峠で伐採された丸太置き場がありましたが、クリストフコトラカミキリ
等を期待しますが、寄生蜂などの小虫以外は何もいませんでした。
それ程までに杉などの植林がわが県の虫を減らしているようです。
山里ではウスバシロチョウが飛ぶ姿を数回見かけました。

県境の峠は丁度芽吹きの時期でしたが、被写体のはおらずトイレ休憩
だけで出発、甲府市内20号線は渋滞気味でしたが、そこから先は順調で、
清水から夜の静岡市内を旧道でのんびり下りました。
途中からバイパスに入り道の駅で朝まで寝ました。

早朝出発で桶ケ谷沼を目指します。ほとんど車は走って無いのですが、
一車線道路なので高速道並みのスピードで煽って来る輩には困ります。
一旦インターで降りてやり過ごしました。警察は制限40q/hの道路での
ネズミ捕り(速度違反取締り)などせず、こういうルール無視の危険な輩
をびしびし取り締まって欲しいものです。こういう連中が出る時間帯には
パトカーは得てして走っていません。

コンビニで朝昼の食料を調達、鶴ヶ池の駐車場で腹ごしらえした後出動。
しかし鶴ヶ池にはベッコウはおろかトンボの姿が全然ありません。
画像
     ムラサキサギゴケ    2017年5月4日 鶴ヶ池
仕方なくプラスチックコンテナが並んだ桶の広場へ向かいました。そこには
成熟した真っ黒なベッコウ達が10匹ほどおり、未熟期の広範囲に分散して
いた時とは違って桶の周囲に集中していました。
結構敏感で苦労しましたが、超敏感種と渡り合って来たのでこのくらいは
何のことはありません^^。
画像
画像
画像
     ベッコウトンボ オス    2017年5月4日 桶ケ谷沼
昼近くなり気温が上がるとオスたちは桶の上に行ってパトロールやオス同士
でバトルしていましたが、メスが来ません。交尾などは撮れませんでした。

撮っていた時、当日羽化したヨツボシトンボが飛んで来ました。
草むらに降りたので撮ろうと近づくと飛び上がれずもがいています。
クモにでも捕まったかと見ると、とんでもないことになっていました。
画像
  草に串刺し ヨツボシトンボ オス  2017年5月4日 桶ケ谷沼
撮影後にはずしてやりました。
ほぼ撮影を終えまだ行ってないエリアを見ようかな…と思っていた時、親子
連れが多分クマ蜂にびびって騒いでいたので、それはオス蜂で刺さないと
教えようかなとそちらへ向かおうとした時でした。 !!!!!???
突然バタンと倒れてしまいました。地面は柔らかかったのですが、
三脚ごと放り出されたカメラに着けていたストロボは予想通りマウント部から
真っ二つになり、破断面からは漫画の破壊されたロボットのようにリード線が
むなしくびよ〜〜んとはみ出ていました
(苦^^)。


転んだ場所を確認すると、割と太いノイバラの枝が昔のイタズラで結ばれた
野原のチカラシバ
の如く罠みたいに通路の端に出ていました。これに足を
見事に引っかけてしまいました。
思い返せば2010年、この時もここでこのストロボの首が折れました。たぶん
亀裂が原因の疲労破断ですが、2度目とはまさにここは鬼門ですね^^。
今回は修理不能でしょうから当分ストロボ使用の写真が撮れないので、夏に
向かって非常に痛いことになってしまいました。

さらに落ちが付きます。  帰って画像をチェックすると・・・・・。
写っていたのはすべてオスばかり。腹がぼてっとしていてメスだと思ったの
も尾端を見るとみなオスでした。
ミュージシャンの福山雅治は男性限定「野郎夜」というライブコンサートを
やっているそうです。それ風に言えば今回は野郎朝(笑)という結果に
なり、メスの姿を全く見ることができませんでした。

メスがいないのに気づかないからメス達がどこにいるかを確認することも
せずの失態でした。周辺の草原にはいない感じでした。プラの桶はお気に
召さないので池の方へ移動したのでしょうか?
まあまた行く口実が出来たという事にしましょう^^。


さて続きですが、ストロボをやってしまい、もうがっかりしてここで続ける気が
無くなり、関東で見ることのできない種を期待して山の方へ向かいました。
たどり着いたのは「石松」で有名な森町のダム湖でした。展望台のある山上
へ上がると放置された荒れ放題の藤棚に定番のクマ蜂がいました。
あとはハラビロトンボが1匹だけでした。カメラを持たずダム湖を1周しました。
植物相は豊富ですが杉・檜の植林が多く虫影がさほどでもありません。
結局すぐ飛び去って消えたトラフシジミ春型と湖にかかった大きな橋を渡って
さっさと行ってしまったアサヒナカワトンボの橙翅型オスを目撃したのみです。

下山途中アサヒナカワトンボを撮ろうと渓流に立ち寄りました。流れに降りる
階段にはアサヒナの橙翅型オスとシオヤトンボが止まっていました。
降りてみると居るのは渓流には不似合いなシオヤトンボばかりです。そんな
はずはないだろうと探すとやっと出てくれました。しかし相当敏感で仕留める
のに苦労しました。
画像
画像
    アサヒナカワトンボ オス 上:橙翅型 下:通常翅型
                            2017年5月4日 静岡県
残念ながら期待したタベサナエなどは見ることはできませんでした。静岡も
決して自然が昔のまま残っているわけでなく、ピンポイントの生息地を探し
出さないと虫達には会えないという事です。

帰りの峠で大きめのシャクガを見つけたので、水銀灯の明かりと懐中電灯
でノーストロボ夜間撮影にチャレンジしました。
画像
画像
      シャクガの1種       2017年5月4日 山梨県
全ての状況とは行きませんが、何とか行けそうです^^。

おまけ
阪神タイガース絶好調!! 例年他球団の投手の調子が上がると坂を
転がり出すのが、まだ落ちずに首位をキープしています(笑)。
何が原因かは不明ですが、徐々にチャンスで打てるようになっています。
相変わらず宮沢賢治精神で不発のDNA筒香に第1号本塁打を贈呈、不振
にあえぐ巨人長野にも本塁打を献上してますが、無抵抗のガンジー野球は
卒業のようです^^。9-0で負けていた広島戦を本塁打無しで12点取りひっく
り返したのには驚きました。本塁打は無いですが1985年の再来です!

勝てる要因はベテランの活躍と梅野の正捕手(これは私の推奨意見でした)
定着、中谷などの成長です。もちろん投手陣の踏ん張りがあってのことです。
去年活躍した高山、原口、北条、岩貞、青柳等が不調でもこれですから、彼ら
が奮起すれば十分優勝は狙えるでしょう。期待しないで応援です^^!

今回も閲覧ありがとうございました。次回もお楽しみに!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ベッコウ懐かしいですね。
しばらく見ていません。
行かなきゃね(^_^;)
どんどん減ってしまっているトンボや鳥たち。
とどまるところがないんでしょうか。
遠出するにも躊躇してしまいます。


toki
2017/05/16 10:52
tokiさん こんばんは
最近遠出してもがっかりする場所ばかり
です。増えているのはソーラー発電所と
道路と伐採地ばかり。開発が無くても
木が切られてたりして景観が変わり、虫
がいなかったりします。
人間は人間だけの事にしか興味を持たなく
なり、地球の生物であることを忘れたよう
です。

ベッコウはまだ保護対象なのでましですね。
対象外の種は消えゆくのみです。
最近モンシロチョウでさえポツポツしか見
ない気がします。
ありがとうございました。
つばさ2号
2017/05/17 23:12
おはようございます。
最近は環境が大きく変わっていく代表例はソーラーパネルですよね。
長野県では独自にアセス条例ができ、厳しい審査がされています。
生態系への影響をほんと調べ尽くして欲しいです。
駿河まで長旅かと思いますが、お疲れ様です。
ベッコウトンボ、
私はまだ見たことがありません。
玄人好みのいいトンボですね〜
翅の大きさに比べて全長が短いのでユニークでもありますね。
トンボも奥が深いなと感じました。

MIYAKOUTA
URL
2017/05/19 05:13
MIYAKOUTAさん こんばんは

今日は隣県に行きましたが、トンボの楽園
は今迄通りトンボ達がたくさんいました。
でもやはりルート上にはソーラー発電所が
増えてました。そしてクツワムシの森が
また伐採されて面積が半分以下になって
いました。もうだめでしょう。貴重な平地
林の個体群なのですが。
まだ絶滅の心配の無い多産地はありますが
そこは草原に住む個体群です。

ベッコウトンボの胴の短さ、トンボ屋の私
には当たり前と思って考えもしないので、
言われないと気づかない事です。
物事は客観的、多角的見ないとですね^^!
確かに同属のシオカラトンボや赤トンボに
比べると短いです。
ありがとうございました。
つばさ2号
2017/05/20 22:24
こんにちは、、お久しぶりです。
いろんな話題に驚きました、、ノイバラの枝で転倒、、大事無くてよかったですね、、ストロボは災難でしたね、、。
でも、元気に野山を駆け巡ってらっしゃる姿に、安堵いたしました、、次回を楽しみにしています(笑顔
OTSUKYON
2017/05/21 17:12
OTSUKYONさん
いつもありがとうございます。
今日は35℃が出た館林の隣町の葭原を
半日徘徊した挙句ほぼボウズでした^^。

病み上がりの時は足が衰えよくつまずいて
ましたが、今は脚力が元に戻っているので
一瞬何が起きたかわからぬままうつ伏せに
投げ出されました(笑)。草原を草刈りし
ただけの柔らかい地面で助かりました^^。

ストロボは3回の首折れを乗り越え、プラ
のロックダイヤルの割れも針金で補修して問題
無く使え調子も良かったので参りました。
最新機種は新品だと5万超、暫く自然光
フォトで行きます^^。
つばさ2号
2017/05/21 21:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
駿河トンボ旅 ベッコウ「野郎朝」 メスはいずこ? 四季 生き物達の風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる