四季 生き物達の風景

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょうちょ君 遊ぼ!

<<   作成日時 : 2017/04/20 22:38   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
      ギフチョウ オス     2017年 4月16日 新潟県

過ぎゆく春の投げる口づけは 髪に両手にはらはら停まる
薄紅が なんて優しいの 拾い集める人もいないのに


皆様 こんばんは
やっと暖かくなり夏日も出てますが、また北風が吹き出し何とも
変な天気です。強烈な突風も吹きました。はもう終わり、終盤
を飾る八重桜が見頃です。

冒頭の詩はユーミンの「花紀行」という曲の歌詞の一部です。
日曜日の帰り道、村上ゆきさんのラジオ番組で村上さんがカバー
したバージョンがかかりました。

1980年代、ユーミンはチャラ系の都会派エンタメボップで大ブレイク、
一気にビッグアーティストの座に駆け上がりました。
しかしその根幹は繊細な心で周りの世界を見つめて歌にする類稀な
才能だったのです。初期のバラードは心を打つ曲が多くあります。

さて この所地元近辺のフィールドでは虫が少なく、週末に天気が
崩れることも多く、まともな撮影が全然できませんでした。
成果はこんな程度です。
画像
      ルリタテハ        2017年 4月2日 埼玉県
画像
     クワエダシャク幼虫 別名「土瓶割り」 2017年 4月8日 埼玉県
そんなわけでと遊ばないと腕も鈍るので、今週末こそはと意気込んで
迎えた先週15日の土曜、早起きしてスタンバイしました。
天気をチェックするとちょっと引っかかる感じでした。私の動物的勘です。
時間が経過しても良くなる気配がありません。外はいい天気ですが午後は
雷雨が来るとのこと。しかし翌日の日曜は好天らしいので、今日ガソリンを
使うと明日やばいことになると思い結局テレビを見ながらごろ寝。漫画を読
みながら過ごしました^^。そして夕食後9時前に家を出ました。目指すは上
越国境、上武道路がつながったのですいすいと進めました。
月夜野インターから高速に乗り日付が変わる直前にパーキングエリアで
ダウンジャケットを着こみ、ジャンパーを3着かぶって寝ました。

翌朝早朝に寒さで目が覚めました。何と気温は1℃! 明るくなってきた
外にかなり残雪が残った山々が浮かび上がって来ました。
5時に出発、次のインターで降りて中越を目指します。このエリアはまだ
当分チョウは出てこないでしょう。
画像
中越に来るとはほころんでいる所もありますが、まだ越後のはこれ
からです。

目的エリアに着いてまず調べた過去実績のある場所へ行きました。
しかし山が険しく登り口がありません。やっと高台への入り口を見つけ
行ってみますがいまいちな感じです。散歩のおばちゃんに聞いても
この先はゴルフ場でそんなは見たこと無いとのこと。こりゃダメだなと
別のエリアへ向かいました。早朝から入っているのでチョウの活動時間
前に場所をあちこち物色できます^^。

途中踏切で引っかかりました。昔「とき」をはじめ特急・急行がひしめいた
上越線、ものすごく立派な線路です。何が来るかと期待したら、通過した
のはたった1両の飯山線直通のキハ110でした。情けない限りです。

さてクマ出没の看板がある山道を行ったり来たりしましたが、どうも私の
虫センサーはしっくり来ません。環境はいいのですが・・・。
画像
      ナガハシスミレ        2017年 4月16日 新潟県
去年、一昨年と行った低山も考えましたが、遠いし常識的に考えると
時期が遅い気がしました。そこで調べた中で観光客や蝶ブロガー、
そして採集者が来そうもない公園へ向かいました。今まで足を踏み入れ
て無い地区です。行ってみるとこれが大当たりでした!^^

シーズンオフ営業前で誰もいません。荒れてさびれた感じです。
山上まで車で入れて、駐車も自由でした。まだ9時前です。
進んで行くと
画像
      ミズバショウ        2017年 4月16日 新潟県
画像
画像
      ショウジョウバカマ        2017年 4月16日 新潟県
奥へ登って行くと馬の背の尾根道に続いていました。落ちると命が無
い危険な場所ですが、道幅が広く怖くはありません。
日当たりの良い広場状の所へ来た時、「出た!
ギフチョウです。2〜3匹のオスが登山道上を舞っていました。

早速止まってくれました(トップ写真)が、ジャンパーがいらない程気温
が高いので基本ノンストップモードです。
昔の「なんでかんで撮ろう」と殺気立っていた頃は、そんなにしても
撮れる時は撮れるし、撮れないときは撮れないことが分からずにいま
したが、今はのんびりと遊べます^^。

手を差し伸べても逃げず、目の前を飛び回っています。他にいたのは・・・
画像
      ヒオドシチョウ        2017年 4月16日 新潟県
撮れませんでしたがルリシジミも飛び回っていました。関東の常連ミヤマ
セセリ
はここにはいないようです。目に付いたのはこれ。
画像
かなりの数のウスタビガの空繭がありました。
画像
カエデヤマザクラも咲いています。

尾根道を歩いて行くとピーク状のポイントが3か所ほどあって
ギフチョウが出る頻度の多い少ないがあるものの各所はみな
飛んで来ます。それ以外の場所でも時々は飛んで来るので、
広範囲を10匹以上が飛び回っているようです。
オスたちはみな新鮮なので発生初期と思われます。この場合
メスが来たら交尾シーンが期待できますが、メスらしいのは
全く来ません。
ボケっとしているのも芸が無いので飛翔撮りで遊びます^^。
しかし100マクロではこんな程度でした(苦笑)。
画像
画像
飛び回るオスたちを見ていると、たま〜〜〜〜〜〜に止まります。
確証はありませんが撮れる気がしました。現にツツジの枝先に止まり、
とても写真にならないカットでしたが撮れました。
ギフチョウたちと戯れながらチャンスを待っていると、11時前から
風が出てきました。だんだん強くなります。
そんなとき目の前にいた1匹が風に煽られた次の瞬間松ぼっくり
止まりました!!!
画像
画像
      ギフチョウ オス     2017年 4月16日 新潟県
手持ちなのでピントは甘いですが、ボウズは免れました^^。
薄曇りになってチョウの出が悪くなったのでそろそろ終了。
タムシバが咲いています。手の届く1本を手繰り寄せて匂いを嗅ぎました。
画像
ほとんど無臭、花びらは食用になるそうです。おひたしや酢の物とか。
手繰り寄せた枝に何か付いています。小さなトラカミキリです。
画像
      トウキョウトラカミキリ     2017年 4月16日 新潟県
ここまで誰にも会いませんでしたが、降りる途中採集者が一人
入れ違いに来ました。少し下の公園エリアへ降りると晴天が復活。
公園エリアは台地状の山上に平地みたいな荒れた雑木林があります。
そこを散策すると・・・
画像
      スジボソヤマキチョウ オス   2017年 4月16日 新潟県
手持ちなのでピントが合いませんでした。
ここでも3回林内を飛ぶギフチョウに会いました。かなり広範囲に生息
しているみたいです。メスや交尾には遭遇できませんでしたが、越後行
3年目にしてやっとギフチョウ天国らしい体験ができました^^。
ちょっと期待外れだったのは去年まであれほど見たカタクリが全く
無かったことです。同じ新潟でも場所で植生の違いがあることを
知りました。スミレなどもここは少ない場所でした。


残雪はそこら中にあるものの上着のいらない陽気の中、市街地へ
戻り17号を上り帰ります。途中道の駅で行者ニンニクを仕入れて
湯沢から月夜野まで高速、山を下りるまでは車が多いための渋滞、
上武道路も混んでいて渋滞気味でしたが、利根川の手前でとうとう
止まってしまいました。しかしそこは私の仕事&通勤エリアです。
そこから先は知り尽くした裏道でノー渋滞で帰宅できました^^。


今年も何とか肩慣らしが出来ました。さあいよいよ虫のシーズン
がんばって行きたいと思います!!

今回も閲覧ありがとうございました 次回もお楽しみに!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この時期車中泊での撮影行気合いバリバリですね!
私は寒さに尻込みしています(*_*)
虫センサーも感度抜群!!
ギフGETさすがです。
hirokou
2017/04/21 21:19
hirokouさん お早うございます。
昔は高速が無く、暗いうち出て神奈川まで
通いましたが、高速は費用がかかる上今は
ギフチョウより人が多いみたいなので、
どうせ高速代払うなら好環境の新潟にして
ます^^。

私も年で億劫になり、また一応病人で無理
はしない方針ですから、早い時間から楽に
動くにはやはり車中泊になります。
寒さ対策は病気してから若ぶって薄着せず
着こんでます(笑)。

素人的先入観ではネット情報見て新潟なら
ギフチョウがそこらにたくさん飛んでる風
に思えますが、実際は開発で減り、少し昔
の大地震で土砂崩れや陥没(今でも各所に
痕跡があります)のため減りと、見られる
場所と個体数は減っているはずです。
それと元々行動エリアは戦前などの大昔と
違いピンポイント的でしょうから。
私もやっとそんなことがわかり、今回も
見つけることができました。

ありがとうございました。
つばさ2号
2017/04/23 06:50
おはようございます。
ちょうちょ君 遊ぼ! なんて素敵なタイトルでしょう。
昨年のクモマツマキの時の
つばさ2号さんのお姿が思い出されます。
マツボックリにギフチョウ、
なんともチョウが遊んでいる光景に見えてしまいます。
羨ましい光景です。
春も中旬、
これから沢山のチョウ達が現れて、遊べますね!

MIYAKOUTA
URL
2017/04/27 04:42
さすがに本場物ですね。
ナガハシスミレ、かわいい(*_*)
クワエダシャク、見つかっちゃいましたか(笑)
トウキョウトラはまだ見ていません。いいな〜
toki
2017/04/28 08:27
MIYAKOUTAさん おはようございます。

チョウと遊ぶつもりで行きましたが、私が
チョウに遊んでもらいました^^。
この日は飛び回っているばかりで花にも目
もくれません。かといって飛翔撮りは望遠
か広角レンズの方が向いているようです。

トンボと違って飛ぶ軌道が不規則なチョウ
は100マクロで追うのは至難の業、こういう
時は無理せず来た静止チャンスを待つのが
得策です^^。

いい季節になりましたが、フィールドが
どんどんつぶされたり環境悪化で虫が減り
続けています。定年前で頻繁に遠方へ行く
資金も無いので困っています。
つばさ2号
2017/04/30 09:29
tokiさん おはようございます。

神奈川ではギフチョウが回って来るまで
ずいぶん待たされることが多かったのに
ここでは5分と待たずに戻って来ます^^。

ナガハシスミレはポイントを探す途中の
柏崎の山中で撮りました。
日本海側の低山や長岡近辺の山中では雑草
並みのカタクリでしたが、今回いった場所
は全く見ませんでした。

トウキョウトラは匂いを嗅ぐため手繰り寄
せたタムシバに偶然付いていました^^。
クワエダシャクはフィールドでは全然見つ
かりませんでしたが、地元公園ならひょっ
として・・・と思い探すと、あっけなく
2匹もいました^^。そんなものですね。
つばさ2号
2017/04/30 10:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ちょうちょ君 遊ぼ! 四季 生き物達の風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる