四季 生き物達の風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 残雪の山 カエルの婚活・産卵パーティー

<<   作成日時 : 2017/03/16 22:48   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
      ヤマアカガエル         2017年3月12日 埼玉県
皆様 こんばんは
春が近づいて来ましたが、この所肌寒い日が多いようです。
でももう真冬の寒さでは無い感じですね。


さてフチグロトゲエダシャクですが、今年はハズレのようです。
個体数が全く増えず、先週末は3匹ほどしか見ませんでした。
とうとうメスを見ることが出来ずに終わりそうです。
今週は土曜が出勤日で、日曜は途中の道路がマラソンで通行
規制になるので、居る確率が低い状況では足が向きません。
結局撮れたのは前回と同じような遠景でした。
画像
   触角の手入れをするフチグロトゲエダシャク オス
                          2017年3月4日 北関東

11日の土曜はオスが2〜3匹しか飛んでいませんでした。
午後は飛ぶ数が減りますが、それにしても少なすぎます。
本当に今年はハズレ年かもしれません。
フィールドにいたこいつがモデルになってくれたのでボウズ
だけは免れました。
画像
     モンキチョウ          2017年3月11日 北関東

翌12日はマラソンで通行止めがあるので、前日のフッチー
少なさを考えるともう成果は望めないと考え、自県の低山へ
行ってみました。山はまだ相当寒く所々に残雪がありました。
画像
フユシャクの1匹くらいいるのではと思いましたが、甘かった
ようで全く虫の姿がありません。モミが少しあるのでスジモン
フユシャク
を探しましたが何一つの姿はありませんでした。
元々いないのか或いは時期が悪いのかはわかりません。


時刻は午後1時になる頃、秋にルリボシヤンマを撮る場所へ
来ると、キャンキャンとにぎやかな鳴き声が聞こえてきました。
サル?のわけは無いよな・・・、一体なんじゃ?カエルか?。
とりあえず行ってみることに。
歩いて行くとあれほど騒がしかった鳴き声がぴたりと止んで
静かになっています。「あれ おかしいな?」と池のある場所
へ近づくと、パシャパシャ音を立ててたくさんのカエルが慌て
ふためいて池の中へ潜る姿が遠目に見えました。

池は厚い氷で覆われていて、カエルたちがいたのは端の氷
が無い落ち葉の溜まった泥湿地の部分でした。
忍者のように消えたカエルたちでしたが、1匹だけ氷の上に
逃げてしまったアホな奴がいました^^。岸は壁で逃げ場は
ありません。格好のモデルです^^。
画像
どうやらヤマアカガエルのようです。近くに跳ねて来たので接写しました。
画像
      ヤマアカガエル         2017年3月12日 埼玉県
拡大したら顔にトビムシが2匹付いていました。
この後氷上から拾い上げて、雪の上で白バック撮影してから
仲間が潜った泥湿地へ返してやりました。
池が氷で覆われていたので、カエルの卵は確認できません
でしたが、こんな寒い中、子孫を残すために出てきて活動
するカエルはすごいと感心します。
のたくさんある山だったので、花粉を大量に浴びたらしく、
花粉症は一応治ってるはずですが、月曜は1日鼻水に悩まさ
れました(苦笑)。


今回も閲覧ありがとうございました。
気持玉 いつもありがとうございます。
では次回もお楽しみに!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。
冬の間もシャクガを探されていたのですね。
私は冬眠状態です。頭が下がります。
氷の上でのヤマアカガエル、
貴重なシーンですね。
早くから産卵のために起きて、また眠るのでしたっけ。
跳ねる様子がユーモア満点です!
MIYAKOUTA
URL
2017/03/22 05:22
こんばんは、ご無沙汰しております(苦笑
本格的に体を動かせる季節になってきましたね、、虫たちも同じですね、、我が家もいろいろありましたが、そろそろ再稼動しなければ、、お互いに頑張りましょう!
OTSUKYON
2017/03/23 23:03
MIYAKOUTAさん こんばんは
ありがとうございます。

私のカテゴリーはやはり昆虫写真家なので
こだわって浮気にはエネルギーを割かない
方にどうしても行ってしまいます(笑)。
でもプロやセミプロの方々のように徹底を
しないので中途半端なフォトに終わるのが
現状です^^。
近隣はどんどん虫が減る一方で、冬シャク
も少なく成果が上がらないから意欲も低下
してます。今回も結局虫は撮れず、カエル
だけでした。

アカガエルはおっしゃる通り冬眠を中断し
繁殖に出て来ます。私も卵を見ただけで
知識は文献や他の方々の観察結果でしか
得ていませんでした。百聞は一見にしかず
でフィールドにどんどん出ないとこのよう
な場面に会えないので、いい体験でした。
つばさ2号
2017/03/24 00:12
OTSUKYONさん こんばんは
もう真冬の寒さではありませんね!
そちらこそいろいろ大変と思いますが
頑張ってください。
記事も再開されたようでおじゃまします。

さて私もひとごとではないので心構えは
していないといけないと思いました。

少し鈍ってた環境悪化がこの所加速し始め、
いい被写体に会える率がガタ落ちです。
これは人間にも言えることで、今の子供達
はこの環境では地球上生物としての特性を
失う育ち方になると思います。
人間だけで固まるのはよくないですね。

まあそうは言っても私は自然の代表として
虫を取り上げ、その代弁者として撮影し
紹介する事しかできないので続けます。
ありがとうございました。
つばさ2号
2017/03/24 00:37
このヤマアカガエルの卵を毎年見ていたのに、
今年はまだなんですが、ちょっと早いのかな?
やっと気温も安定してきたかなという感じですね。
ここのとこ1日の温度変化がすごくてなかなかたいへんでしたね。
toki
2017/03/25 09:20
そちらの「フチグロトゲエダシャク」も
個体数が少なかったようですね!
来年また増えてくれることを期待してい
ます。
ヒメオオ
URL
2017/03/26 19:28
tokiさん こんばんは。
また寒くなりましたね。でも私は昔の
3月程寒いとは思わないので、これも
温暖化のせいかもしれません。

カエルは10匹以上はいたみたいですが、
池の水は全部厚く凍っていて卵は全く
見えませんでした。
氷はカエルを撮るのに三脚を立てても
全然平気な程厚いものでした。
ありがとうございました。
つばさ2号
2017/03/26 22:19
ヒメオオさん こんばんは。

今年は今までにない少なさでした。
例年なら行けば必ず飛んでいるオスによく
行き会うのですが、今年は散々探し回って
やっと見つける程度で、見失うと次が無い
状態でした。近隣は野焼きも多くちょっと
心配です。だんだん減っている感もあった
のでそれも気になりました。

ありがとうございました。
つばさ2号
2017/03/26 22:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
残雪の山 カエルの婚活・産卵パーティー 四季 生き物達の風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる