四季 生き物達の風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺たち真冬族  フユシャク続報

<<   作成日時 : 2017/01/30 22:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
      ウスモンフユシャク オス       2017年1月22日 埼玉県
皆様 こんばんは
寒波は過ぎましたが日本海側は大雪が続いているようです。
こちら関東は晴れが続いていて暖かい日も出てきました。
相変わらず近場のフユシャク探しを続けています。

まず21日の土曜日、一番近いフィールドへ行きました。
いつものトイレは何もいませんでした。丘陵の山を回ると林の更新
で伐採したエリアがありました。ふとコナラの切り株を見るとシロフ
フユエダシャク
が1匹上に乗っていました。
すぐ飛んで逃げ、地上に降りました。
画像
      シロフフユエダシャク オス       2017年1月21日 埼玉県
黒が多く茶が少ないきれいな個体でした。

撮った後つつくと飛び立ち林へ行ってしまいました。その近くの
ヤマザクラの幹にからんだキヅタの葉に白いものが見えました。
画像
      ウラギンシジミ(越冬蝶)       2017年1月21日 埼玉県
その近くのコナラの幹にあったのは・・・。
画像
     スカシバガの羽化殻         2017年1月21日 埼玉県
コシアカスカシバあたりでしょうか。
その後は収穫無く、帰り際見送ってくれたのは・・・。
画像
      ジョウビタキ メス       2017年1月21日 埼玉県
途中地元の公園に寄りました。「ヒメオオの寄り道」のヒメオオさんの
記事を見て以来気にかけていた場所を見るとミニミニの発見!!
画像
      フユシャク亜科の一種 メス       2017年1月21日 埼玉県
翅の無い典型的なフユシャクのメスです。大きさは5ミリ強、いつも
撮るフチグロトゲエダシャクの大型メスの半分くらいの体長です。
お尻のフサフサの毛は産卵時に卵のカモフラージュのために卵塊
にかぶせるそうです。


翌日曜22日、この日もトイレからスタートです。
ウォー! 3匹いました! クロテンフユシャクウスモンフユシャク
そしてシロフフユエダシャクの3種オスが1匹づつです。早速トイレ
から連れ出します^^。
まずクロテン、逃げられましたが近くの斜面の笹に逃げ込みました。
画像
      クロテンフユシャク オス       2017年1月22日 埼玉県
このあと撮り易い場所へ引っ張り出した所、機嫌を損ねてしまい
高く舞い上がって林へ逃げてしまいました。シロフにも逃げられ、
まともに撮れたのは先日撮ったウスモンだけでした。
画像
      ウスモンフユシャク オス       2017年1月22日 埼玉県
トップもこの個体です。
林を探索しますが何も樹に止まっていません。
の木に枯葉が引っかかっていました。こんな場所はよくムラサキ
シジミ
が潜って越冬しているそうです。何かいるか?とめくると・・・。
画像
      ツヤアオカメムシ(越冬中)       2017年1月22日 埼玉県
林内の細道へ入るとヤマザクラの株がいくつか道沿いに並んで
いました。根元から3本ほどまあまあ太い幹がそれぞれの方向へ
やや傾いて真直ぐ伸びています。その1本にが止まっていました。
画像
      シモフリトゲエダシャク オス     2017年1月22日 埼玉県
これは初めて見たフユシャクです。普通種だそうですが、今まで紹介
した種もみな普通種ですから生息数はどの種も簡単に見つからない
程少ないということです。
この後やや高いので捕獲してじっくり撮ろうと、枯葉にたけて下へ
お越し願おうとしました。が、片方の前足1本でぶらさがる形になり、
腰くらいの高さでぽろっと落ち葉の上に落ちました。アチャー!!
落ちる瞬間が見えず、わかりやすい場所だったにもかかわらず
全然見つかりませんでした。得てしてこんなもんです^^!


先週末28日も同じフィールドからスタートでした。
トイレにはウスバフユシャクシロフフユエダシャクの2匹が。
床には踏まれたのかウスバ系の死骸が1匹ありました。
撮りたかったウスバは飛んでしまい、トイレの出口から眩しい
外界へ出たため目が白飛びして^^見失いました(苦笑)。
撮れたのはシロフ、捕獲撮影のため割愛します。

そして林で先週シモフリトゲエダシャクがいた隣のヤマザクラ
で見つけたのもシロフでした。
画像
      シロフフユエダシャク オス       2017年1月28日 埼玉県
林内を見て歩くと上空から舞い降りて来たのも・・・・・シロフ
画像
      シロフフユエダシャク オス       2017年1月28日 埼玉県
丸まった枯葉に収まって動かなくなりました。

他にいたのは・・・。バレバレ!!
画像
      赤松キノカワガ          2017年1月28日 埼玉県
ここはもうがいないので次へ行こうと歩いていると、さっき通った
丘の上に小鳥の群れがいました。ホオジロの仲間かと思いましたが
尻尾を上下に振りながら2足歩行しています。あれ?これはビンズイ
って奴ではないか?・・・。やはりそのようです。初めて確認しました。

この後少し遠い松山のあるフィールドへ移動しました。
見つけたのは2匹のシロフ、うち1匹は野鳥ルリビタキ♀の頭上に
飛んで来ました。この蛾の飛翔は不規則な軌道を描きながら直線
的に速く飛んで行きます。ルリビタキは飛び立ちフライングキャッチ
を試みましたが、シロフはかわしたようです。

林内の小道はコウヤボウキの実の毛玉が林床にメルヘン風景を
作っていました。
画像
その小道を歩いていた時、足元でガサガサと音がしました。
おっとびっくり!!?
画像
      二ホンカナヘビ          2017年1月28日 埼玉県
暖かいので冬眠から覚めてしまったようです。

昨日日曜29日、地元でコミュニティの展示があり、ギフチョウの写真を
1枚出品していたので、それを引き取る為遠出はできず、また近場の
トイレへ行きました^^。しかしフユシャクはゼロ、代わりにいたのは
こいつでした。枯葉に乗せてトイレから連れ出し撮影。
画像
   ヤガ科キリガの1種 イチゴキリガに見える 2017年1月29日 埼玉県
それから山上の細道をチェックするとシロフフユエダシャクばかり3匹見る
ことが出来ました。
画像
      シロフフユエダシャク オス       2017年1月29日 埼玉県
私の眼は誤魔化せませんが、なかなかの樹遁の術の使い手です^^!
他の種がわずかしかいないのにシロフは短時間で3匹発見という事は
こいつが1番の普通種という事になります。


おまけ
画像
         眠り猫          2017年1月29日 埼玉県

閲覧ありがとうございました。 次回もお楽しみに!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
埼玉県中部の公園の入口のコンクリート製の
壁や柱は冬尺蛾を観察する絶好ポイントの1
つだと思います。交尾ペアが見つかると良い
ですね!
ヒメオオ
URL
2017/02/05 19:17
ヒメオオさん ありがとうございます。

確かにあんなに小さいメスはああいう場所
でないと見つかりませんね。
他所では擬木の柵によくいるようですが、
私が行く場所は全く止まっていません。

土曜は夜行きましたが、全部でやっと2桁程
飛んでいたり止まっている個体がいました。
しかしメスは見つからず当然交尾もダメで
した。ブログ記事を見ると都下の各公園の方
が数が多く見つけやすい印象です。
つばさ2号
2017/02/06 23:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
俺たち真冬族  フユシャク続報 四季 生き物達の風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる