四季 生き物達の風景

アクセスカウンタ

zoom RSS フユシャク舞う 師走の里山散歩

<<   作成日時 : 2016/12/24 06:49   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
皆様お早うございます。

早いもので師走も終盤、もう暮れ間近です。
会社の忘年会も終わり冬休みを待つだけですが、仕事が
急増して年始までは出荷ラッシュ、さらに月末は棚卸しも
あります。フル回転でこなさないと終わりません。

今の所残業(サービスで1時間弱はしてますが)や休日に
出る程では無いのでまだましです^^。うちの会社は休日が
やや少なく、時々土曜出勤や昨日の天皇誕生日のように
休日が稼働日になっている日があります。

さて最近は近場のよく行く松山がある里山へ通いました。
まず12月最初の休日3日、行くと麓の田んぼでチョウ
お出迎え。元気に飛び回っていました。
画像
画像
    ツマグロヒョウモン 上:オス 下:メス   2016年12月3日 埼玉県
(この他にベニシジミモンキチョウもいましたが、翌週寒く
なったらこれら非越冬組は姿を消していました。)

さて山へ向かって歩いて行くと養蜂をやっている林があり、
落ち葉の積もった小道があります。
踏み出すと足元から白っぽいがたくさん舞い始めました。
この時期の定番、クロスジフユエダシャクのオスです。
画像
    クロスジフユエダシャク オス      2016年12月3日 埼玉県
枯葉の色に見事な保護色で同調しています。
このは首がよく回り、ちゃんとこっちを見ています。
道理で敏感なわけです!
オスの口器のストローは外見上退化しておらず、1部の種で摂食を確認
された方もおられるので、割と長生きなこの蛾ももしかしたら水分補給
程度はしている可能性があります。


山裾の田んぼへ行くとバッタが数匹生き残っていました。
画像
    オンブバッタ メス      2016年12月3日 埼玉県
林側のシデの樹の幹に何か止まっています。
画像
    キノカワガ              2016年12月3日 埼玉県
このように保護色+擬態が効かない樹に止まっていることも
よくあります。自分の隠蔽能力を過信してか、こんなバレバレ
を平気でやらかすのはやはり虫の知恵はこの程度なのかも
しれません^^。
翌日4日と翌週の10日、11日もここへ通ってみました。
やはり目につくのはクロスジフユエダシャクです。
画像
しかしかなりのオスが飛んでいますが、メスはとうとう見つける
ことができませんでした。

今年は山つつじの狂い咲きが目立ちます。
画像
画像

風裏の暖かな斜面には越冬組が集まっていました。
画像
    キタテハ              2016年12月10日 埼玉県
画像
    ツチイナゴ メス          2016年12月10日 埼玉県
クロスジフユエダシャク オス ミニギャラリーです。
画像
画像
画像


他にいた
画像
    クロオビフユナミシャク オス  コンクリの壁に同化
画像
    クモヘリカメムシ 越冬組  いずれも  2016年12月11日 埼玉県
緑色の越冬カメムシは冬期は赤茶色に変色することがよく
ありますが、このクモヘリカメムシの仲間は越冬中も鮮やかな
緑色を保っています。


おまけ
17日は同級会の幹事会があったので遠出できず、ごく近場へ行き
ましたが、ろくな虫がおらず野良猫を撮ってきました^^。
画像
画像
以前紹介した黒猫三兄弟は健在でした。
下は右目がつぶれた独眼竜猫君です。
夜の幹事会ですが、繁華街も地元も飲み屋がすべて満席!
結局焼肉チェーン店でやるはめになりました。
この不景気でもあるところにはあるものですね^^。

今回も閲覧ありがとうございました。気持玉を下さる方々にも
厚く御礼申し上げます。 では次回もお楽しみに!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
首を回すフユシャクですか、初めて知りました。
首を回すと当然触角も回るんでしょうね。
面白そうですね。見てみたいです。
キノカワガ、確かに私もドンくさいやつを見たことがあります。
どの世界にもこういうのいるんですね〜。(笑)
ジダン
2016/12/24 23:13
ジダンさん こんばんは
正確に言うと首を左右に振るで、当然触角
は頭ごと動きます。触角自体を動かせる機
能は確認してません。夜行性のフユシャク
は昼寝ている時触角を体に沿って引っ込め
ていますが、この種は昼行性で寝ているの
は見た事が無く触角はいつもピンと前に伸
ばしています。
レンズを近づけ撮っていると首をこっちへ
向け、擬瞳孔がはっきりしているので、ま
るでこっちを見ているように見えます。
多分実際見ていると思いますが^^。

キノカワガはコナラの幹が一番隠蔽能力を
発揮できるようです。今まで1番のバレバレ
は黒っぽい桜の幹にいた奴らで、2回ほど
遭遇してます。
夜行性のせいもあるかもしれませんが、昼
の寝場所を決めるときそれほどこだわって
止まる訳ではないことが推測できます。

対照的なのはルーミスシジミで、ねぐらを
決める時は必ず枯れた部分のある樫の葉を
選んで止まります。
ありがとうございました。
つばさ2号
2016/12/25 22:21
クロオビフユナミシャク雌と思われる個体を
先日見つけました。冬尺蛾にしては大柄で、
雌にしては立派な翅を持つ蛾でした。
ヒメオオ
URL
2016/12/26 20:33
つばさ2号さん、こんばんは。

来年は、自分らしさを取り戻したいです!
ありがとうございました。
ねぎトロ
2016/12/27 01:01
フユシャク渋いですね!
手がすいたらこちらでも探してみたいです。
この時期は、ミカン畑の世話で中々外に出ることができません。唯一は、会社を有給・家には仕事と言って11月からにぎわっていたアオタテハモドキを高知に撮りにいったくらいです。数名自分の悪魔のささやきに犠牲になりました。今月23日まではいたようですが、年を越せるか微妙です。
kazupapa
2016/12/27 04:02
ヒメオオさん こんにちは
メスを見つけたのはすごいですね!
この種は不完全ながら大きい翅があり、
見栄えもいいでしょうね。

しかしヒメオオさんはさすがです。いつも
よく見つけるのには感心します。
私はフィルム時代、地元公園で職員に教わり
撮ったチャバネのメスとクロバネ系のメスが
昼間幹を歩いていたのを見たくらいで、最近
狙って撮ったのは2014年のクロスジの交尾
くらいです。
夜は1回探しましたが、飛ぶオスが数匹しか
見つかりませんでした。いい場所を知らない
とダメですね。ありがとうございました。
つばさ2号
2016/12/29 12:12
ねぎトロさん こんにちは
私は働き過ぎ・・・と言っても二人チームの
責任者、部下は威張った親分肌の先輩なので
やらざるを得ない状況でした^^。それでもカ
メラを持つのは止めず、それが結局休息を取
らずに体を壊した結果につながるのですが、
仕事に精神まで食われない支えにはなったと
思っています。

気分転換にトンボに遊んでもらう程度の余裕
で来年は行きましょう!!
ありがとうございました。
つばさ2号
2016/12/29 12:26
kazupapaさん こんにちは
アオタテハモドキ、面白そうですね。
定着の可能性もありますね。

こちらはめっきり虫が減りましたが、その
状況でツマグロヒョウモンとアカボシゴマ
ダラだけはのさばっています。郊外では
ホソミイトトンボも相当勢力拡大してます。
フユシャクも少なく、クロスジ以外は東京
の公園に負けてるのではと思います。

やはり都市化は環境悪化を免れません。最近
ではソーラー発電所の乱立が砂漠化の懸念
事項です。
ありがとうございました。
つばさ2号
2016/12/29 13:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フユシャク舞う 師走の里山散歩 四季 生き物達の風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる