四季 生き物達の風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 晩秋の虫たち

<<   作成日時 : 2016/11/14 23:27   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
皆様 こんばんは。
もう晩秋、風景写真家は紅葉の撮影で張り切る時期ですが、
昆虫写真家は暇になってきます。特に私はマニアックな生態
には手を出さないものぐさですので余計です^^。

さて今日は最近のフィールドからの話題をお届けします。

1、県都に生きるカトリヤンマ
いつもコメントをいただく方々が所属される野鳥クラブの写真展
を見にさいたま市の公園を訪れました。 20℃近い陽気です。

林縁の陽だまりで、「こんなところにトンボがいるんだよ」と呟き
逆光の草ヤブを見ると、思った通りアキアカネが何度も小虫を
捕りにスクランブル発進を繰り返しています。

ふと上を何か飛んだ気がして、見ると大きめのトンボが頭上に
覆いかぶさった枝葉の間を飛んでいる姿が見えました。
こんなトンボカトリぐらいしかいないなと思うも、はっきりとは
確認できずに見失いました。
そこから結構離れた親子が遊ぶ広場にさしかかると、林との
境界にセンダングサが咲く草ヤブにキタキチョウアキアカネ
が数匹群れていました。
画像
         アキアカネ オス   2016年11月6日 埼玉県
キタキチョウが撮れないかカメラを構えて近づきましたが、すぐ
飛んでしまいうまくいきません。あきらめて見ていると黒っぽい
大きなトンボが現れました! 広場の外縁、センダングサのある
斜面との境目を地上すれすれに強風の中をホバーリングを交え
ながらかなり速く活発に飛び回っています。
細身でグリーンのボディ、間違いありません。カトリヤンマのオス、
自県の県都さいたま市産のカトリヤンマです。
しばらく飛んだ後上に上がり、エノキの梢を物色して1匹の仲間を
見つけて連結しようとしました。が、失敗。フラれたか相手もオス
だったかどちらかでしょう^^。 その後梢に消えました。

強い風が吹いていますが気温が高く快晴の暖かい昼過ぎ。
また来るのではと思い、付近を散策しながら待つことに。
遅咲きのヒガンバナが林内に咲いていました。
画像
     ヒガンバナ      2016年11月6日 埼玉県
キタキチョウに交じり1匹いた蜜を吸うツマグロヒョウモンを写し
ながら待ってみました。コミスジもいましたが逃げました。
画像
      ツマグロヒョウモン オス   2016年11月6日 埼玉県
待ちくたびれた頃再び現れました。しかしとんでもなくせわしない
飛びでとても撮れません。唯一シャッターを押せた1枚はピンボケ
&ブレでした(苦笑)。
画像
      カトリヤンマ オス ブレ・ピンボケ  2016年11月6日 埼玉県

2、ハムシの住む場所
以前ハッカハムシの交通事故死体を見た場所へ探しに行きました。
赤とんぼはいますが、もうかなり数が少なくなっていました。
画像
         マイコアカネ メス   2016年10月29日 栃木県
ハッカハムシの食草を探して見ていると、近くの葦の茎に黒い大きな
ハムシが止まっていました。ヨモギハムシかな?と思いましたが、目
を凝らしてよく見るとハッカハムシでした^^。ラッキー!!
追加個体は無く、撮影中落ちてしまい、このカットだけでした。
画像
     ハッカハムシ      2016年10月29日 栃木県
夕方4時直前、ハッカハムシの追加がいないか探している時でした。
食草の前にしゃがんで見ていた私の目の前にぶら下がる葉っぱを
食べている小さな芋虫がいるのに気づきました。
どうもハムシの幼虫のようです。しかもハムシ幼虫としてはかなりの
大きさで体長10mm超程もあります。
もしかして「アレ」?! 帰宅後ネットで調べると間違い無いようです。
画像
     オオルリハムシ 幼虫     2016年10月29日 栃木県
思いがけず大物が撮れましたが、暗くなる時間でほとんど分身ブレに
なっていました(苦笑)。来シーズンは成虫フォトをゲットしたいですね!

3、黄ちゃんがピンチ!
11月5日、撮るものが限られて来たので仕方なく黄ちゃんことキトンボ
を見に行きました。いつも通り正午直前の遅い到着。
以前いた池では見られず、メインの池にオスが1匹だけでした。
環境悪化に加え最近採集頻度が高い(この日も一人)ので影響が
出始めた気がします。
去年は12月に1匹も見ることができませんでした。この日も以前なら
この時期には5匹程度のオスがいたはずです。
画像
画像
      キトンボ オス   2枚目はミヤマアカネと2ショット
                           2016年11月5日 関東

他にも赤とんぼを撮って帰りました。
画像
         マユタテアカネ メス   2016年11月5日 関東
画像
         ミヤマアカネ メス   2016年11月5日 関東

4、11月の河川敷
先週末は比較的の多い行きつけのフィールドへ通い、トンボ
を探しました。しかしは不発でした。居たのは・・・バッタたち。
画像
     トノサマバッタ メス緑色型     2016年11月12日 北関東
何と!! 幼虫までいました。
画像
     トノサマバッタ オス?褐色型幼虫  2016年11月12日 北関東
もしかして生き残っているかも? いそうな場所を歩いてみました。
間もなく飛び出してきました。長い距離を一気に飛ぶ程元気です。
11月のカワラバッタは初めてでした。
画像
     カワラバッタ メス        2016年11月12日 北関東
そして赤とんぼの代表。
画像
         アキアカネ オス   2016年11月12日 北関東

翌日も同じ川の河川敷へ行ってみました。
茂みから盛んにツグミの声がしていました。
ツマグロキチョウを探すも飛んでいるのは全部キタキチョウでした。
今年はハズレ年でしょうか?
他にウラナミシジミヤマトシジミベニシジミキタテハヒメアカタテハ
チャバネセセリモンシロチョウスジグロシロチョウモンキチョウ
マイコアカネミヤマアカネホシササキリオオカマキリオンブバッタ
クルマバッタモドキヒナバッタアオマツムシ(声)、カメノコテントウ
などを2日間で見ました。

さて草原に転がっている石をひっくり返してみました。何個か目で・・・!!
画像
        ウスバカマキリ卵鞘  2016年11月13日 北関東
古い卵ばかり3個見つけましたが、新しいのは見つかりません。
しかし思いがけない展開、卵のあった場所で本体の御登場です!
画像
画像
        ウスバカマキリ メス褐色型  2016年11月13日 北関東
前回会った時はコカマキリと勘違いしてあまり写さずに放しましたが、
今回はいろいろ撮ることができました。
この個体の鎌の内側の紋は濃紺一色の非リング型でした。

この後探索すると
画像
     ナツアカネ オスとイボタの実   2016年11月13日 北関東
画像
画像
     オツネントンボ 上:オス 下:メス   2016年11月13日 北関東
トンボたちが見つかりました。

さあもう冬支度です。撮るものが少なくなりましたが、来期へ
向けて準備したいと思います。


今回も閲覧ありがとうございました。次回もお楽しみに!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、、いつもありがとうございます。
昆虫写真家さんにとっては、もうそろそろシーズンの終わりでしょうか?
今日も楽しませていただきました、、ありがとうm(..)m
OTSUKYON
2016/11/15 18:09
いろいろいますね。
オオルリハムシの幼虫ですか、
似ても似つかぬ感じですが、よく分かりますね。
ハッカハムシは何に付いていたんでしょう?
カトリはまだいるんですね。
ミヤマアカネの後ろの植物が気になります。
toki
2016/11/16 08:43
OTSUKYONさん こんばんは
こちらこそいつもありがとうございます。

撮ろうと思えば被写体はいくらでもあると
思いますが、予算不足、難聴治療の服薬の
制約や無理をしてトラブル等を起こすと
まずいので、以前のように無茶はできずに
おとなしくしています^^。

まあできる範囲内でベストの撮影を心がけ
たいと思っています。
つばさ2号
2016/11/16 20:41
tokiさん こんばんは

甲虫は幼虫が芋虫型のものが多く、主要な
種は幼虫の形が頭に入ってます^^。
オオルリハムシは食べていた草で判断しま
した。
ハッカハムシは名前の通りハッカなどのシソ
科に付きます。郊外の家庭菜園のミントにも
いるかもしれません。

カトリは12月の目撃例もあるそうですよ。
ミヤマアカネのバックはツメレンゲです^^。
ありがとうございました。
つばさ2号
2016/11/16 21:09
これから寒くなると
越冬蝶、冬尺蛾、キノカワガの3点セット
で越冬昆虫を探しているヒメオオです。
トンボもオツネントンボとかもいるそうで
すが、地味なので見つけにくそうですね!
ヒメオオ
URL
2016/11/27 19:21
ヒメオオさん こんばんは
ありがとうございます。

フユシャクは夜遊び型が多いのでなかなか
撮影が難しいです^^。昼間だとほとんど
オスしか撮れませんね!

越冬トンボ3種で見つけ易いのはホソミ
オツネンで、木の枝に化けてじっとして
いるようです。ホソミイトもそんな感じ
らしいです。オツネンは木製の建造物等や
岩の隙間に潜るようです。しかし多産地へ
行かないと3種とも見られないでしょうね。
かくいう私も越冬中は未撮影です。
つばさ2号
2016/11/28 23:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
晩秋の虫たち 四季 生き物達の風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる